講演 『20代、自分らしい選択!』 動画アップしました

先日、日本に出張に行った際に講演を行いましたが、その際の動画がアップされたので置いておきます。

参加した皆さん、ありがとうございました。話は、自己紹介が終わって、留学のきっかけになった大学時代のパートから公開されています。

AXIOM CAREER FORUM 7/9
『20代、自分らしい選択!』~MBAグローバルキャリア世界を目指す人と企業について~ Globespan の古賀洋吉氏、Terra
Motoersの徳重徹氏のお二人から20歳の方に熱いメッセージを語っていただきます。

第一部  基調講演  14:00~15:00 「20代、自分らしいキャリアの選択!」

古賀 洋吉 氏


自身のご経歴から、MBA留学を目指したころから、ハーバードビジネススクールへの留学、そしてベンチャーキャピタリストとしてのキャリアの選択をどのよ
うにしてこられたか、そして今、ボストンから日本を見て、何を感じ、考えているか、歯に衣をきせぬお話をしていただきます。

第二部  パネルディスカッション  15:00~15:45

古賀 洋吉 氏 + 徳重 徹 氏 + 渡邊 光章(モデレーター)

MBAホルダーでもあり、グローバルにチャレンジされている、起業家精神旺盛なお二人に、MBAの価値や意味、リーダーシップ、ベンチャー企業の可能性、起業家の条件、20代の可能性、世界をめざす人と企業の条件などについて、掘り下げて伺います。

第三部  Q&Aセッション  15:45~16:30

A letter from Clayton Christensen

クリステンセン教授からの手紙 「人生のジレンマ」を乗り越えるために

日経ビジネスニューヨーク支局の水野様より、クレイトン・クリステンセン教授に「被災で苦しんでいる日本のためにメッセージを」というご依頼がありました。

先生は、執筆にあたり、日本の皆さんを元気付けられるように、そして傷つけないようにととても気を使っておりましたが、とても愛のあるメッセージとしてすばらしくまとまっています。

英語になりますが、ぜひ皆さんに「生の声」を見て頂きたいと重い、教授の許可を頂いて、英語の原文をこちらに公開させて頂きます。(日本語版は日経をどうぞ

日本のために、本人も大変な状況の中で執筆してくださったクリステンセン教授、および、このような企画をして頂いた日経の水野様にお礼を申し上げます。

28 May
2011

I wish
to express my sincerest condolences to the people of Japan who are suffering,
physically, emotionally, or economically, as a consequence of the recent
natural disasters and the ensuing problems with the Fukushima Daiichi nuclear
plant.  While much of the world’s
attention has moved to other events, I know that the personal loss that many
people have experienced as a consequence of these tragedies goes on.  Many of us around the world have been deeply
saddened to see what the people of Japan are going through, and wish to lend
our support in whatever ways possible.

As a
business and administrative issue, there are many questions regarding what
steps Japan should take to respond to this crisis.  What should be rebuilt?  How long will it take?  What should the rest of the country do to prepare
for the possibility of similar natural disasters?  Can Japan safely rely on its nuclear power
energy infrastructure?  These are
difficult, complicated questions, which will take great work from the
government, businesses, and individuals to solve.

However,
much like you, I was happily living my life, and then events occurred which
drastically changed things for the worse, through no fault of my own. I would like
to offer some personal advice.  One of
the most challenging parts of this tragedy is its seemingly arbitrary nature:
people who were happily going about their business one day found that their
lives had changed drastically for the worse the next day, all through no fault
of their own.

In the
last three years, I have experienced a variety of health challenges that
presented significant obstacles, both on a personal level, as well as to my
family.  About three years ago, I
suffered a sudden, completely unexpected heart attack.  I had recently had a visit with my doctor
where I was given a thorough physical examination, and there were no signs that
indicated that I was at risk of a heart attack. 
In fact, the typical indications of heart attack risks were all lower
than average.  And yet, when I had the
heart attack, the physicians found that I had a 100% blockage of a major artery
in my heart, a type of heart attack that is often fatal.  Fortunately, in the hospital the doctors
acted quickly and were able to remove the blockage and insert a stent before
much serious damage occurred.

Two
years later at about the same time of year, my doctors discovered that I had an
unusual form of cancer, called follicular lymphoma.  This cancer had been unusually aggressive,
and by the time it was discovered, I had several large tumors in my body,
including one about the size of an American football in my abdomen.  My doctors attacked the cancer aggressively,
treating me with chemotherapy.  Thanks to
the skill and attention of these doctors, and the power of the medication that
they gave me, I was able to overcome the cancer, which seems to have gone into
remission.

Shortly
after I finished with my chemotherapy treatments while I was in the process of
trying to recover, I suffered a stroke while at a Sunday morning church
meeting.  I was very close to
Massachusetts General Hospital when it happened, and was able to receive
medical care quickly, which reduced the amount of damage to my brain.  In spite of the speed with which the doctors
were able to act, they weren’t able to prevent me from having some
complications.  The part of my brain that
was affected by the stroke is the part that controls my ability to
communicate.  So, while I still have full
control over my motor function, it is almost as if someone shuffled my
vocabulary around, so that occasionally when I am looking for a word, I simply
cannot find it.  Though I haven’t done so
yet, I am optimistic that I will make a full recovery.

I share
all these personal details because I suppose that on a much smaller scale,
after all my health travails, I felt some of the same emotions that may be
familiar to many of you.  I have done my
best to live a healthy life, to eat well and get exercise.  I visited with my doctors regularly.  And yet all my best efforts seem not to have
made any difference in my health outcomes, which has been very frustrating.

Though I
recovered fairly quickly from the heart attack, cancer was a more difficult
disease to face.  The stroke I
experienced was the most difficult: As a professor, everything I do is about
communicating with my students, or writing and publishing research.  My stroke specifically affected the part of
my brain most critical to those tasks. 

As I
struggled to recover my ability to communicate, my frustration caused me to
turn inwards, and focus on myself.  Why,
I wondered, did I have to go through this? 
What did I do to deserve such challenges?  As I focused more on myself, on my problems,
and the seemingly slow pace of progress that I was making, I became more
frustrated, more desperate, and even struggled with depression – something that
I hadn’t felt my entire life.

Then, I
had an epiphany.

As I
turned my focus more and more on myself and the problems that I was facing, I
had spent less time thinking about others, and how I could be of service to
them.  Rather than spending time thinking
about how I could improve other people’s lives, I was focused on my problems,
my wants, and what I thought I needed.  After
great personal reflection, I realized that this selfish focus was the recipe for
my unhappiness.  I realized that
happiness was in fact to be found in forgetting about myself, regardless of how
hard it was, and in spite of the temptation to think that because of my unique
situation a self-centered focus would be okay.

I also
realized that life is a series of extenuating circumstances, and that there
will always be justification to turn our focus on to ourselves, onto our wants
and needs.  But the truth that happiness
is to be found in the service of our fellowmen is universal, and not contingent
on the idiosyncrasies of our circumstances, be they comfortable or difficult.

Many of
us make the mistake of thinking that we can postpone serving others until later
in our lives.  This is not the case.  Time and time again, I have seen first my own
classmates from when I was a student, and now my own students since I have been
a professor, claim that they would focus primarily on their own careers for a
period of time, and then when they had “made enough money”, they would shift
gears, and go into a mode of giving back to their community and focusing on
their families.  This rarely (if ever)
works out the way that they imagine.

There is
always more money to be made, always more deals to be done, always more
products to be launched.  Once you have
already made the decision to put what you believe to be your highest priorities
behind something else, it is always easier to make that decision again,
rationalizing that you’ll do it “just this one last time,” until the next “last
time” comes along. 

Additionally,
some of the people who need our service the most – our families – are growing
and changing.  Even if we do make
decisions later in life to make them a priority, many of the best opportunities
to have a big impact with them may sadly have passed.

Instead,
may I suggest a few things that have brought me happiness and joy as I went
through my own rebuilding process. I have made a commitment each day, to choose
to serve, to seek to understand what my families, friends, neighbors, even
strangers need from us to be happier.  I have set a goal to do some act of service
for someone each day.  Doing this requires
that I consider the physical, mental, emotional, and spiritual needs of those
around me: how can I help others if I don’t know what they need?  Focusing on others will help you put your own
situation in perspective.  Even if your
circumstances are difficult, there is surely someone else whose lot in life is
worse, someone who you could help directly, somewhere where you could make an
impact for good.  Focusing on others may
also help you realize that you have been blessed in ways that you may be
inclined to underestimate.  Counting
these blessings and realizing the things that have been done for you will ease
your burden.

As I
said at the start, I think that decisions about how to respond to this crisis
are best left to the people who are dealing with their reality on a daily
basis.  Still, I feel that there are many
lessons to be learned in the tragic series of events that have hit the people
of Japan which are relevant to all people. 
They are a reminder that our lives are fragile, that our time on Earth
is brief, and that we never know what twists and turns our lives will take, and
when they will end.  As a consequence, we
cannot count on being able to take care of the important things in life at some
later date which may never come.  We
should decide now to pour our energies into helping each other and building our
communities up one relationship at a time.

Clayton Christensen

講演: グロービス・グループ代表 堀義人氏

イノベーション都市であるボストンにおいて、日本人の皆様にアントレプレナーシップとイノベーションについて学ぶ場を提供するべく、色々考えています。まず、HBSの竹内教授と共に、下記の講演のオーガナイズをしておりますので、ぜひご参加下さい。

急な告知となりますが、現在ボストン来訪中の堀氏のご好意により下記の通り講演会を開催する事になりましたのでご案内申し上げます。会場の収容人員の関係上、先着60名とさせていただきますのでご了承ください。(無料)

日時 6月5日(日)5:00PM 受付開始 5:30PM-6:30PM 講演

場所 MIT Sloanキャンパス Building E51 部屋番号145 http://whereis.mit.edu/?go=E51

50 Memorial Drive Cambridge, MA 02142

定員 60名 (先着)

登録フォーム:  http://bit.ly/lbJTs1

講演内容:  日本におけるイノベーションの必要性/震災において民間ができる事

前半は、日本有数のベンチャーキャピタルの代表パートナーとして、日本のイノベーション(技術革新)をリードする立場から、なぜ日本経済においてイノベーションが重要なのか、同氏がイノベーションを通じてどのように日本に影響を与えようとされているのかについて語って頂きます。

後半は、震災により多大な影響を受けている日本において、民間企業に何ができるのかについて議論して頂きます。同氏は、「(大震災に)ひるむことなく、かならず町を、そして日本を復興する」という目標の元に、日本の若手・中堅起業家や著名なリーダーを集めて「Project KIBOW」を結成しました。同プロジェクトは、インターネット上で「共感の場」をつくり、世界と日本の援助できる人と援助が必要な人の「希望の架け橋」になることを目指しています。本講演ではこうした取組の内容を共有して頂き、民間企業ができること、海外にいる日本人が「架け橋」としてできる事について議論して頂きます。

堀義人氏について

ハーバードビジネススクール(HBS)にてMBA取得後、日本にてグロービス・グループ、グロービス経営大学院、グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル)を運営しながら、経済界の若手リーダーとして日本をひっぱっておられます。また次世代の日本のために、経済人の立場を超えて日本の進むべき道について様々な提言をされています。

本講演について

ハーバード・ビジネス・スクールの竹内教授と、グローブスパン・キャピタルのディレクターである古賀洋吉氏を中心とし、年末を目処に日本のイノベーションの活性化を目指した組織の立ち上げが進められています。本組織では、イノベーションや起業の第一線に関わる皆様に定期的に講演して頂くことを検討しており、本講演はその一環として行うものです。

問い合わせは登録フォームよりお願いいたします。

Seminar: Mr. Yoshito Hori, Chairman and CEO of GLOBIS Group

We’re pleased to announce a seminar by Mr. Yoshito Hori, Chairman and CEO of GLOBIS Group. Registration is first-come, first-served and is limited to 60 due to the room capacity.

The seminar will be held in Japanese. Free of charge.

When: June 5th (Sun.) 5:30-6:30pm; doors open at 5pm

Where: MIT Sloan campus, Building E-51 145 http://whereis.mit.edu/?go=E51

50 Memorial Drive Cambridge, MA 02142

Max Capacity: 60 (first-come, first-served)

Registration Form: http://bit.ly/lbJTs1

Title: Japan’s Need for Innovation/ the Role of the Private Sector in Times of Crisis

During the first half of the seminar, Mr. Hori will share his perspective as one of Japan’s innovation leaders as a managing partner of a prominent venture capital in Japan, and discuss why innovation is critical for the Japanese economy and how he plans to bring about changes in the society through innovation.

During the second half, Mr. Hori will discuss the role of private enterprises in the face of the tremendous damages caused by the recent disaster in Japan. Mr. Hori has launched Project KIBOW, comprised of young entrepreneurs and industry leaders who gathered to support Mr. Hori’s message: “We will never be defeated. We will rebuild the towns, rebuild Japan.” This project aims to create an online “Bridge of Hope”, a hub for compassion that connects those affected in Japan and aid providers overseas. During this seminar, Mr. Hori will share the details of the project and discuss the role of internationally-based Japanese citizens as a bridge between Japan and the rest of the world.

About Mr. Yoshito Hori

An MBA graduate from the Harvard Business School, Mr. Hori is an emerging leader in Japanese business scenes.  He is Chairman and CEO of the GLOBIS Group, a multi-faceted organization that supports change and creativity in society by building business infrastructure that encompasses “People,” “Capital” and “Knowledge” resources.  He also serves as President and Dean of GLOBIS University and as Managing Partner of GLOBIS Capital Partners, the venture capital arm of the GLOBIS group. Furthermore, Mr. Hori is a regarded thought leader whose proposals for the future of Japan go beyond his role as a business leader.

About this seminar

Dr. Hirotaka Takeuchi, Professor at Harvard Business School, and Mr. Yo Koga, Director at Globespan Capital, are working to establish an organization aimed to revitalize innovations in Japan. The organization is slated to launch toward the end of 2011. One of the activities being considered for the organization is a seminar series given by leading innovators and entrepreneurs; the seminar session will be part of this series.

For any questions, please contact us through the registration form.

ドラクエ人生論

先日ツイッターで、ドラクエにたとえて人生を語ったら、皆さんにまとめて頂いたり、記事にしていただいたりしていたので、いまさらですがネタ的に自分のブログにも転載しておきま~す。

  • 男だったら、ドラクエやりおわったら、自分のレベルをあげて呪文のかわりに英単語覚えてゴールド稼いで別の大陸に行くだろ、フツー。

  • レベル1のときから住んでいる町から出ないで良いのか?

  • その町から出られないのは、ふつうは仕事や家族の問題ではなく、自分のレベルが低いからだ。

  • 子供の頃はドラクエでワクワクするハートがあったのに、本当の自分の話になると「できない、やりたくない」とか言われても、信じられないね。

  • 快適な生活を送ってるのは、スライムばっかり倒してるからだろ。

  • 戦わないやつに会心の一撃は出せない。

  • 呼んでもらえないと旅に出られないやつぁ、いつまでたってもルイーダの酒場でレベル1だよ。

  • 仕事を頼まれたら、お城の王様に用事を頼まれたと思え。そのプロジェクトの成果が、次の冒険を決める。

  • 今日、王様のおつかいのために仕事していたとしても、いつか強くなって、でっかい敵を倒すために戦っているという現実を忘れるな。

  • 悪い魔物を倒して町を救ったら、ヒーローになってちやほやされるかもしれない。しかし、その町を去れ。

  • レベルが低いからこそ、お金は強い武器に投資し、より高い経験値を稼げるようにしなければならない。資格でも何でもいい。自分の武器に投資する。

  • 強いやつはルイーダの酒場で呼ばれて、どんどん戦ってどんどん強くなり、転職しながらスキルを極め、苦難と戦い続ける。弱いやつは呼ばれないから弱いまま、どんどん強くなる仲間の戦いを眺めながら、すごいなあ、で終わる。

  • レベル20になったら転職するだろ。レベル1に落ちるのが怖くて魔法戦士になれるか。

  • もし強い敵にやられても、教会からやりなおすだけだ。お金はなくなるが、経験は残っている。

  • 魔法使いはどんなにHP低くても、強い魔法が使えりゃすごいチームに入れる。最強のチームに入るには、強みに集中したほうがいい。

  • ルイーダの酒場で酒を飲み、冒険に参加しないで戦う人の批評をしている連中は、魔王を倒すのに何の貢献もしていないので、ストーリー上はいてもいなくても変わらない。

  • 悪い奴がやってきて、悪に支配された世の中を作った。でも、環境が悪いから何だ?戦いながら、こつこつレベルを上げて強くなる以外に、何ができると言うのか。

  • 子供の頃のワクワク感を忘れないで。強くなろう。旅に出よう。冒険しよう。戦って、負けて、やり直して、また戦おう。誰だって、冒険者はみんなレベル1からスタートだよ。文句言わない。あなたが学ぶものは、あなたの武器としてあなたを強くし、防具としてあなたを守る。必ず。

明治大学での講義 / 国際キャリア特論

明治大学の国際キャリア特論で、「留学のすすめ」というテーマで講演します。テーマがこれなので、基本的に1年生が対象です。

時間: 5月17日(火)5限 午後4:20-5:50

場所: 和泉キャンパス第2校舎2番 (教室は変更になることがあります)

ビデオ会議になります。アメリカでは午前3時なので、たぶん寝ながら話すと思います。

最近すっかり忙しくなって、ブログの更新ができておらずすみませぬ。来週(5/9の週)は、出張でMenlo Park / Palo Altoにおります。

無事に女の子が産まれました

3月8日午前3時22分、Mount Auburn Hospitalにて、女の子が無事に産まれました!International Women’s Day、とても天気が良い、ボストンにしては暖かい日でした。

こちらはみんな元気です。

アメリカでは普通分娩だと48時間以内に退院なので、いまから退院します。名前はまだ決まってない・・・うーむ、しばらく決まらないかも!?

これから2週間ほど休んで子育てと家事に専念いたします!

では、あたらしい家族ともども、古賀家をよろしくお願いいたします。

新米 二児の父

Hult International Business School (ハルト・インターナショナル・ビジネススクール)

ボストン見学シリーズ!

Boston RedsoxSuffolk University (サフォーク大学) に続く第三弾。

今度はZipcarのオフィスから歩いてすぐのところにある、Hult International Business School (ハルト・インターナショナル・ビジネススクール) でございます。1年生のビジネススクールで、「2003年にスウェーデンの教育機関であるEF Education FirstがArthur D. Little School of Managementを買収し、創立者の名前を取って、Hult Internatinoal Business Schoolと改名し現在に至る。」(Wikipedia)とのこと。

最近はランキングもあがっており、調子がいい様子!ボストンにいいMBAがそろっているのはすばらしいことですな。

Hultは、ケンブリッジのボストン側の端、チャールズ側のすぐ側にある。

このでかい建物の1フロアをHultが使っているとのこと。

EFに吸収されているとはいえ、HULTのロゴも存在感をバッチリ主張しております。

入り口の前には庭が。池は凍っております。

入り口をはいったところのフロント(左)。

フロント(右)。

フロント(正面)。

さて、Hultのフロアに上がってみましょう!

オレンジのエレベーターエリアを出て・・・

こちらがHultのロビー。

こちら教室。ちなみに授業は60人ぐらいの教室が2つあるとのこと。小規模のビジネススクールなのでこれで足りているらしい。教師はフルタイムは少なく、現役のコンサルタントなど実業をやりながら教えに来る人が多いようだ。

ちなみに全体で集まる時は、こちらの別フロアにあるEFの講堂を使うとのこと。うーむ合理的。

しかし、一コマ3時間らしい。4時過ぎに行ったのに授業中の人もいたし、勉強は大変そうだ。

教師用のコンソール。

では、学校の他のところも見てみよう!全てが1フロアにまとまっているので、なんだか会社みたいな雰囲気です。

こういうプロジェクトルームがいっぱいある。

掲示板。

コンピュータルーム。

メールボックスとロッカー。

学生課とかリクルーティングオフィスもこういうオフィス部屋みたいになってます。

見学の後は、カフェでお話しました。

全体的な感想は、「効率的」だということ。本当にワンフロアでビジネススクールって作れるんだと関心しました。でもパソコンがあれば勉強できるこのご時勢、壮大なキャンパスなんてなくても勉強できるし、図書館の本なんてなくてもオンラインでほとんど調べられるので、こういう効率的なのもすごくいい。立地もいいし、海外キャンパスもいっぱいあるし、いろんなものを効率的に活用しながら、上手にMBAを運営しているなーと思った。

というわけで、僕の突撃インタビューに対応して頂いたHultの日本人の皆様、お忙しいところ、ありがとうございました!

怒るなんてもったいない!

世の中には、感情で批判してくる人、前提を勘違いしたまま意味不明の反論する人、上から目線で「説明せよ」と言う人が多くいる。そういう人たちに攻撃され、怒って言い返している人や、人格否定に悩む人も多いみたい。

でもね、怒る価値のない相手に大切な精神力を消耗するのは、めちゃくちゃボランティア精神のある人がすることだと思うよ。一度しかない人生で、何の人間的な魅力も感じない人のために、限られた時間と多大な精神力をプレゼントするなんて、なんという気前の良さだろう。

僕は、「どっちにしろ大切な人にならない相手」に、「自分の正しさを証明」するために反論しながら生きていたいと思わない。人生がもったいないから。

「どっちにしろ大切な人にならない相手」に反応しても、実は何も生まれない

  • いきなり上から目線で「説明せよ」なんて言って来る人が「大切な人」になる可能性はまずない。「なんでこの人、この態度で反応してもらえると思ってるのかな?」と不思議には思うけど、わざわざそういう人の勘違いを是正して成長させる意味を感じないんだよね。上から目線は成長の墓場。そもそも説明しても成長しないし、絶対感謝もされない。相手をしても、しなくても、何も生まれない。

みんなに「自分の正しさを証明」なんてできない

  • そもそも、人は何らかのカテゴリー(日本人、男性、社会人とか)に属しており、「カテゴリーごと」憎んでいる人もいっぱいいるわけで、みんなにいい人とい思われる可能性なんてない。だから、自分を理解されなくて傷つくような小さなプライドは捨て、理解されなくても揺らがないハートを持っていたいと思う。

僕は、大切な精神力と時間を消耗して怒るのは、相手を大切に思っている時だと思うよ。

レールを敷く人

時代が変わって、マニュアル通りに努力しても、マニュアルに書いていない事が起こるようになった。言われたとおりに勉強したのに就職氷河期だし、言われたとおりに「人気の会社」に入ったのに会社は傾くし、言われたとおりに仕事をしてきたのに転職時にアピールする事がない。困った・・・

今がチャンスだな、と思う。

時代が変化している流動的な時にこそ、それまで弱い立場にいた人にもチャンスが回ってくる。過去の思考パターンを捨てられない人たちがパニックに陥っている間こそ、これから面白いチャンスがまわってくると思う。

日本には新しい船を

日本が「沈み行く船」なのはみんな知っている(船=老朽化した枠組み=戦後に作り上げられた政治システムや経営システム)。この古い船はもう今の荒波を渡れなくなり穴だらけになった。残念ながら、穴を塞ぐにも水が入りすぎていて、この船を救うことは手遅れだろう。

日本という、僕たちの大きな船。これが沈んだ後に何が起こるのだろうか?さしあたって、乗っていた国民は、驚いて海に飛び出すしかない。大海原でつかまるところがない恐怖にパニックし、ひとしきり路頭に迷った後、落ち着いた頃に国民は何をするのだろうか?

出来る事は一つしかない。海原を見渡し、新しい船を探すのだ。これまでの政治のやり方、経営のやり方ではない、時代にあった仕組みを生み出せる人たちが作った、しっかりした船を見つけて、飛び乗るのだ。

その船の姿はまだ見えていない。欧米やアジアのいいところを日本文化と融合した新しいものなのかもしれない。でもはっきり語るには早すぎる。

ただ、どんな人がその船を作れるのかは大体わかっている。それは、レールを敷くことが出来る人だ。

頭を切り替えよう (もはやレールはないし、船はどうせ沈む)

戦後、日本人はGHQにしかれたレールを、アメリカに「追いつけ、追い越せ」の精神で、レールどおりに歩いてきた。この言葉自体がレールの存在を前提としている。当時の資源のない日本にとって、やらなければならないことは分かっていた。それは安くて付加価値の高い必需品を製造し輸出することだった。

日本はろくに資源もない山だらけの小さな島国であり、本来他の国より恵まれたところはない。しかし、日本人は、レールが敷かれている時(明確な目的がある時)の実行力がずばぬけて高い。世界大戦でもやたら強かったが、経済成長でも圧倒的な強さで第二次産業のリーダーになった。80年代にはレースの先頭にたどり着き、前人未到の領域に到達した。

レールの先端まで来たその瞬間に、日本はレールを敷く側に回った。

そこで問題が起こった。明確なゴールに従って、誰かが敷いたレールを忠実に、踏み外さないようにリスクを回避して歩くようにトレーニングされた日本人は、先頭で何をすればいいのかわからなくなったのだ。地図どおりに歩くために必要な能力と、道を作りながら地図を描くのに必要な能力は全然違うので、アタマを切り替えなければなければならない。しかし、日本は未だに、旧来の思考回路を将来に当てはめようとしている。

想像してほしい。未開の地を開拓しようとしている冒険者が、「安全を確証できる確実なデータが得られるまで進めない」といったら、前進できるはずがない。誰も行った事が無い道に関する確実なデータなど、誰も与えてくれないのだから、そもそも安全の確証などないのだ。

当たり前だが、「安全確認」でオロオロしていたら、日本にはガタがきて、日本人は完全に路頭に迷うことになった。そして、失われた20年が始まった。バブルは終わり、日本の輸出力は衰え、過去の勝ちパターンは全く将来を約束してくれない。人口が減るし、明らかに成長が期待できる産業などない。どっちに進んだらいいのかも分からないのに、官僚は成長戦略を作れるものだと思って、何十年も頭をひねっては、おかしいなあ、うまくいかないなあ、と嘆いている。当然だ。日本の仕組みは未だに経済が順調に成長し、将来が予測できる事を前提に設計されているのだから、行き詰るに決まっている。

年金システム、社会保険、雇用規制、終身雇用、年功序列といったものの全てが、将来が予測できた30年前のあの頃のためのものだ。大人たちは未だに過去の成功に従うと将来が約束されると思って疑っていないし、子供たちは未だに与えられたレールを踏み外さずに歩けば成功すると信じるように教育されている。

ちなみに、なぜこんなおかしいことが変わらないのか。おそらく日本では、上記のような前提で育てられた優秀な人材がこの老朽化した仕組みを延命するのに回っているからだ。日本では最も優秀な人は過去に成功した企業の過去に成功した部門に投入され、これからダメになるものの延命をする。それが「花形」のキャリアなのだ。官僚がしているのも同じ事だ。

僕には、「もう沈むことが確定している船の穴を塞ぐ事」が、ほとんどの日本のエリートの仕事のように見える。彼らが優秀だからこそ、本来とっくに沈むはずだった船がまだ浮かんでおり、苦しみがじわじわと続く。

ただ、こんな不自然なことを続けるのには限界があると思う。多くの人が本心ではわかっているように、ガラパゴス的なものは次々淘汰され、日常の仕事の多くが中国やインドにオフショアリング・アウトソーシングで持っていかれ、クラウドコンピューティングがIT産業を破壊し、資産は中国人に切り売りされ、日本人が売っていたプロダクトはサービス化されていくし、デジタル化と中抜きで産業構造はまだまだ変わっていく。少子高齢化は恐ろしいほどの速度で進んでいく。この荒波に、今の船が長く耐えられるはずがない事は、みんな知っているのだ。

どちらにせよ、放っておけばそのうち船が沈むのは時間の問題だろう。

レールを敷く人になろう

新しい船を作る人は、レールを自分で敷くことが出来る人となるだろう。先頭に立った日本には、リスクをとって不確実なことに挑戦し、新しい日本の未来を描くことができる人が必要なのだ。

レールを敷くためには、「正解はまだ存在しないという前提で、自分の頭で考え、とりあえずやってみて、失敗しながら学ぶことで、正解に近づき続ける」という、勇気と根気が必要だと思う。これについて、僕はしつこく言っているので、いまさら付け加えるつもりはない。(参考: 「すごい事は、やってみなければわからない」  「失敗のプロ」  「The Mind of Entrepreneur」など )

「もっと具体的に、どうすればレールを敷く人になれるの?」という質問をしてはいけない。自分の問いに自分で答えを出すのが、レールを敷く人の最低条件なのだ。「ここまで書いて、正答がないのかよ、うぜーな」とすぐ考える人は、「レールがなかったら歩けないじゃないか!」という思考自体についてよーく考えたほうがいい。まずは人に頼れば正解が与えられるという幻想を捨てることが第一歩だ。マニュアルは自分で作るのだ。

幸い、僕の周りにはレールを敷くことができる将来のリーダーがたくさんいる。「すごいことがやりたい」という彼らの目の輝きを見ていると、日本も捨てたものではないと思える。きっと、僕たちにはすごい船を作ることができる、という気がしてくる。

いろいろな人がいる。不確実なビジネスチャンスに挑戦し、まだ存在しない新しい付加価値を創造するために突き進み続けるアントレプレナー(起業家)たち。常識が通じない海外の環境で、視野を広げている留学生たち。日本の安定した労働環境を捨てて、解雇隣り合わせの海外で働く人たち。世界一周する若者たち。みな、マニュアル通りに生きていれば安泰である才能を持ち合わせているのに、不確実性の中で暗中模索している。過去のデータに頼らず、未来を作ろうとしている。

もちろん、僕の統計サンプルが偏りまくっているのは間違いないが、それでも彼らのような人は日本中にいるのだ。こういう人たちと一緒にいると、エネルギーがわいてきて、自分にもすごいことが出来そうな気がしてくる。

今がチャンス!

時代の変化についていけず、路頭に迷っている人の多さを見ると、今がものすごいチャンスだと思う。

こういった時代が変化するタイミングにこそ、凡人にも面白いことができるのだから、すごくワクワクする。ちょっとだけ、一歩先のために準備しておけばいいだけだ。それだけで、面白い人にどんどん出会って、面白い事をどんどん生み出すことができる・・・すばらしいタイミングだなあ、とつくづく思う。

そのうち、「大多数」がこれに気づいてマニュアルを捨てだしたら、それが当たり前になる。レールを敷く人が有り余った社会になってしまう。そしたら、また全然面白くなくなってしまうので、急いで面白い事をしたいと思う。

不確実な状況でがんばっているアントレプレナー、留学生、海外で働く人、がんばっている人がいっぱいいる。今はつらい事も多いと思うけれど、このチャンスを活かせるすばらしいポジションにいることを忘れずにいこう!

まとめ

もはやレールはないし、船はどうせ沈む!だからこそチャンスがあると僕は信じている。だから、僕はこうする。

  • 船が沈まないほうに賭けない (不自然な事は続かない)。
  • 船が沈んで路頭に迷うことを心配しない。どうせ沈むなら、準備するのみ。
  • どうせ沈む船の穴を塞ぐために生きない。墓標に 「私は沈む事がわかっている船を直すために一生を費やしましたが、やっぱり沈みました」 と書いて死にたくない。どちらかといえば、「彼ら」エリートと戦う側になってやる。
  • 老人の既得権益について嘆かない。意味不明なインセンティブにより捻じ曲がった社会を維持することは長期的には不可能だ。若者がすっからかんになったら搾取することもできない。既得権益など、どうせ古い船と一緒に沈む。
  • レールが誰かに与えられると思ってマニュアルどおりに生きない。マニュアルどおりに行き詰る。
  • レールを敷く人になることを目指す!そのほうが、ずっと面白い。

というわけで、僕は「レールを敷く側」の皆さんを心から応援しているし、僕もそうありたいと心から願っています。

失敗のプロ

以前、端的に言うと「失敗するかもしれないから、やらないほうがいいか」という類のアドバイスを求められたので、これに対する僕の考えを述べてみたい。

こういう話をするとき、僕はいつも登山家のスキルとマインドについて考える。

まず、スキルについて。登山家というのは、何のプロだろうか?彼らに山を登るスキルが豊富にあることは間違いないが、僕は彼らが山を登るスキルのプロだとは思わない。彼らは失敗のプロだ、と思う。

険しい雪山にでも登るとしよう。登頂を目指すにあたっては、常に人の力ではコントロールできない危険が伴う。天候、遭難、怪我など、予測しきれない危険にさらされて、登頂が失敗に終わる事も多い。そんな中で、危険を冒して目的に突き進むだけでは、早死にするだけだ。だから、登山家は、山を登るスキルのプロである以上に、「失敗しても死なないプロ」である。予定外の事態が発生するシナリオを細かく想定し、何が危険なのか、どこで諦めて引き返すのかといった、失敗対策がしっかりできているから、危険な事に挑戦できるのだ。

次は、失敗のプロである彼らのマインドについて考えてみよう。「うまくいかない場合」ばかりを想定しながら、慎重に準備をしている登山家は、ネガティブ思考なのだろうか?僕はそうは思わない。そもそも、他の人が「そんな危ないことはできない」という事を、実現できる可能性を信じているから挑戦している時点で、かなりポジティブにも思える。楽天主義でも悲観主義でもなく、危険な目的に対して現実主義であるだけだと思う。

こうした登山家のスキルとマインドから僕が思うのは、「きっと成功する!」と思って本気で努力するポジティブさと、「基本的に失敗するものだ」と思ってあきらめる準備をしっかりしておくというネガティブさを共存させるのは可能だということだ。そして、不確実性が伴う事に挑戦する人には、このマインドセットが重要だということだ。

ちなみに、僕はアントレプレナー(起業家)に囲まれて生きている。彼らのスキルやマインドセットは、紛れも無く登山家のそれに似ている。成功するアントレプレナーは非常に優秀で注意深く、失敗の際の諦めが上手いし、基本的に無理である事に挑戦している事を知りながら「きっとうまくいく」と信じて全力でがんばる勇気を持ち合わせている。

「失敗するかもしれないから、やらないほうがいいか?」

僕には分からないよ。もちろん相手のことを理解していたら具体的なアドバイスをする事はあるけれども、そうでない一般的な話の場合は、当人の自信と、勇気次第だとしか言えない。

難しい事を実現できると、自分を信じることが出来るのか。実現できると信じて全力で努力しつつ、失敗したらそれはそれだと受け入れ、次の道に進む準備と覚悟はあるのか。誰にも不確実性を消すことはできない。答えは自分の心の中にあり、自分は何を信じられて、自分は何を受け入れられるのかによって決まる。

失敗しない事が確実な事をしたいなら、挑戦などしないほうがいい。山の向こうに新しい世界が広がっていることに興味がないなら、遠くまで同じ光景が見渡せる平野を進み続けたらいい。

僕にはこういう質問に正しいアドバイスを提供することはできない。山に登りきって何かを成し遂げた気になって死のうと、山を登る途中で失敗して死のうと、平野で平坦な道を進み続けて死のうと、本人の勝手だから。「山を登るのは、そこに山があるからだ」というように、目の前に何があるのが人生かを決めるのは自分であって、理解される必要も共感される必要もない。

目をつぶったときに広がっている光景は、山頂か、平野か。それのどちらがいいかなんて、他人には決められない。だから、「一度しかない人生を、自分はどういう風に生き、死にたいのか?」・・・それが正しい問いなのだと思うよ。