Entries by yokichi

Mailer-Daemon

メーラーだえもんさんへのお手紙 どうやって集めたのかしらないけど、Mailer-Daemonに返信してしまった痛い皆様のメール文面がまとめてあるサイトです。画面左のメニューにある「得点順」の欄をクリックすると一覧がでてきます。時々、ツボにはまるのが。。。メールサーバー管理者としては見逃せない。 (ちなみに、Daemonというのは、プログラムのことです。Mailer-Daemonというのは、メールを送受信するためのプログラムで、サーバー側で常に動作しています。メールを送信した人が、メールアドレスを書き間違えるとMailer-Daemonからメールが来ます。たいていは、自分のインターネットプロバイダのMailer-Daemonから「そんなドメイン名はなかった」と言われるか、または、送信先が使っているプロバイダのMailer-Daemonから「そんなユーザーいなかった」言われるか、のどちらか。)

SWAT勉強会:マホロバ・マインズ STUDY CAMP

三浦海岸は、東京から電車で約一時間のリゾート地だ。泊ったのは、マホロバ・マインズというホテル。 去年は修善寺で勉強会合宿があったのだが、今回は三浦海岸での開催となった。新たな出会いも多くあり、充実した3日間だった。 まず最初に、この合宿で目標とすることを皆の前でコミットする。そして、コミットメント達成に向けてひたすら勉強、というわけだ。でも、勉強だけじゃなくて、海岸で花火もした。僕は花火の帰り道、ひとまずせっかく海に来ているということだし、自分を捨ててパンツ一丁になり海に飛び込んでみた。そのおろかな僕の姿に同調した仲間たち3人が僕の後に続き、夜中の海で暴れまわった(それでも社会人か?)。その後の飲み会では顔にペンで青筋を書かれる等、ノリノリの合宿となった。 さあ、ホテルの前にある七夕のたんざくに合格の願いも込めた!まだまだ、がんばって勉強していくぞ。

オレゴンから来た高校生の引率をしてみる

オレゴンからきたアメリカ人の高校生男女を8人つれて、東京の観光案内をした。 事の発端は、ぼくがオレゴンにいたときの友人(台湾人)のメールだった。彼女は日本に留学した経験を生かして、オレゴンの高校で日本語教師をやっているそうで、School Tripで生徒を日本につれてくるとのことだった。で、日本に来たから会おう、という話になり、ついでに日本語ネイティブである僕に東京を案内してほしい、と。 それで今日彼女に会ったのだが、彼女は疲れが出たのか僕と会ってまもなく体調を崩し、ホテルに戻らざるを得なくなった。生徒たちは不安そうな顔を見せ、「Are you coming with us?」と僕に尋ねる。日本も大都会も始めて、日本語もほとんど話せない、15歳前後の子供たちが不安なのも無理は無い。その彼らの前で、「俺様がついてるから安心しろ!」といわざるを得ない状況となった。で、一日彼らに東京を案内した、というわけ。 ■新宿観光 まず、新宿の都庁を見せる。やっぱり無料なのは予算的にも安心だし、窓から見える風景が何なのか、写真に英語で説明してあるので外国人に見せるのはちょうどいい。高いけどお土産もあるので、興味深そうに見ていた。緊急防災対策本部も見学できたのだが、高校生は興味を示さないと思ってパス。その後、歌舞伎町を15分ほど散策。あんまりゆっくりいると、子供には見せたくないものも多いので雰囲気だけ見せてそそくさと去る。 ■原宿観光 竹下通りで1時間フリータイム。いろんな店があるし、活気があるのでとても喜んでいた。特に女の子は買い物を楽しんでいたみたい。安くていいものがあった!と、うれしそうにしていた。女の子には1時間じゃ短かったかも。男の子も、「アメリカはなんかダラーっとした雰囲気だけど、日本はすごくエネルギーにあふれてるんだなー」と、楽しんだ様子。 ■渋谷観光 東京タワーに夜に行くための時間調整で寄った。30分フリータイムでセンター街などを見せて回る。プリクラ屋さんの前にたむろしたヤマンバギャルを見て、「日本の女の子はすごい顔してるんだねぇ。あれは売春婦なの?」と聞かれた。一応、「売春婦ではないよ。彼女たちはああいうファッションが好きなんだ」 と擁護しておく。しかし、理解しかねるヤマンバギャルに比べたら、純朴なアメリカの高校生のほうがよっぽど親身に感じるのだった。ちなみに、彼らはコ○ドマニアの前で記念写真をとっていました。 ■東京タワー観光 JRの外国人パスを使わねばならないので、ちょっと遠いけど浜松町から歩いて東京タワーへ。行く途中の、生徒との会話。 生徒「あなたは、海外にいったことあるの?」 僕「あるよ。アメリカ、カナダ、韓国、オーストラリア、シンガポール、タイ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、スペイン、スイス・・・」 生徒「スイス!私もスイスにいたことがあるよ。どこの都市にいったの?」 僕「よく覚えてないなぁ。15年前ぐらい前だからね。」 生徒「そっかー。私まだ生まれてないかも♪」 僕「ぐ・・・」 体つきはみんな日本人顔負けの大人ぶりだが、実際にはまだまだ子供。ほんと、これだけ世代が違うと、会話が合う・合わないの話ではない。けど、こういう若者たちと一緒にいるのも、よい刺激になるね。 東京タワーは、展望台が二段階構造になっていて、それぞれ別に料金とりやがる。一番上に行きたければ、定価で1400円ぐらいかな・・・高いぞ。一応、修学旅行割引みたいなので安くしておいたけど。 夜景はきれいなんだけど、いつも僕がいる六本木ヒルズからの眺めに比べるとけっこうしょぼい。高さは一緒なんだけど、窓が白くにごって汚いから、暗闇と光のコントラストがきれいに見えないんだ。1400円もとるんだから、窓はぴかぴかにしておいてほしいものだなあ。夜景は窓が命ですよ。 それでも、生徒たちはとっても喜んでいて「わぁ~。これこそ、今まで思い描いていた東京って感じだなー!」とつぶやいて窓の外を眺めていた。それを後ろで聞いて、一安心。 その後、生徒たちをホテルまで送り、台湾人の友人に挨拶して家に帰る。普段仕事でオヤジばっかり相手にしている僕には、よい刺激となる一日でした。英語は、苦労しました・・・とほほ、がんばんないとね。

折りたたみ式お兄さん

六本木ヒルズのふもとの工事現場で写真をとっていたら、工事現場のおじさんにとても怪しそうな目で見られました。 ←あぶない感ゼロ。 ←なぜ、頭が上で襟が下なのか。哀れなお兄さん。

GMATに苦戦中

試験結果は、うーむ。。。これまでと、大して変わらん。。。去年からのブランクを回復したところにとどまった、ということかな。 V31 Q48の650。ただ、今までと違うところは、Verbalが時間内にとき終わったということだ。一応、全部の問題に目を通して、といたことになる。今までにはなかったことだ。少しは、成長したってことかな。 よぉし、まだまだ、これからだ!

六本木 らーめん鐵釜

お昼は高校の友人しのGと目白の丸長というつけ麺屋でたべた。しのGはその後、新宿にあるフィットネスクラブに向かった。僕のほうは、先日も行った六本木ヒルズ内にある、アカデミーヒルズという会員制の学習スペースへ。メンバーシップも今日取得。今日から通い始めだが、なかなか快適です。 とちゅうから勉強仲間のトリゾー氏が来たので、一緒にラーメンを食べに行く(本日二回目!)。六本木のらーめん鐵釜という店で、特・鐵釜という¥880のとんこつ風のを頼んだ。塩ラーメンに近い感じでとんこつの割にはあっさりしているけど、角煮やチャーシュー、半熟卵もしっかり入っているのでボリュームはある。なかなかうまい!ぜひまた来て見よう。

笛を吹く神様ココペリ

ココペリ(kokopelli)とは、ネイティブ・アメリカンの間に伝えられる、笛を吹く精霊だ。アメリカ大陸の複数の壁画にも登場する、ネイティブ・アメリカン・アートの代表的存在のひとつでもある。アメリカでネイティブ・アメリカンの店にいくと、たいていココペリのTシャツやら置物やらがおいてある。 彼が笛を吹くと、植物は花咲き実を結び、動物は子を産むという、幸せをよぶ不思議な精霊だということは知られているものの、ココペリの正体は明確には知られていない。実際、ココペリにはいろんなバージョンがあり、人っぽいものから虫っぽいものまで色々あるのだ。 僕はココペリがとっても大好きなわけです。最初に見たときから、その体のくねり具合、楽しげに笛を吹く姿、全てに魅了されてしまった。だって超カワイーじゃないですか。しかも幸せを振りまいてるんだよ。思わずココペリシャツもココペリ置物も買ってしまったよ。サイコーだよココペリ。そのうち、このココペリを、このブログの表紙におくつもり。その姿にみなさんも癒されましょう。そしてその笛の音が、皆さんを幸せにするのです。

アカデミーヒルズで勘違いできます

六本木ヒルズの49Fに、アカデミーヒルズというスペースがある。今まで存在もその知らなかったのだが、勉強会の仲間につれられて今日行って見た。 展望がすばらしいカフェテリア、ビジネス本が並ぶライブラリー、静かな学習スペースの他、イベント会場やミーティングルームなど色々そろっている。無線LANも完備されているので、仕事・勉強共にファシリティ面では申し分ない。そして、リッチな雰囲気なので、なんか自分が偉くなったような錯覚に陥ることができるのもポイント♪(←こもの) でもまあ、一番良いのは勉強仲間が来ている、ということだね。人間弱いもので、やっぱりひとりでいるより誰かに見られていたほうが集中するものだす・・・。 てなわけで、六本木ヒルズでの勉強を前向きに検討している私であった。

SWAT勉強会が効く!

勉強会。 僕のことを知っている人には、僕とまったく縁がなさそうな単語だと思うだろうが、ひとりで勉強する力のない僕は勉強会なるものにいっている・・・というか、今日は半年振りぐらいに参加したんだ。 そもそも始まりは、一年以上前にMBA友の会っていうMBAを目指す人の多くが参加するメジャーなメーリングリストのオフ会に出たときに出会った人たちが、一緒に勉強しているという話を聞いて僕も入れてもらった。その勉強会はGMAT勉強会、GRE勉強会、TOEFL勉強会で構成されているんだ。僕はMBAに必要なGMATとTOEFL勉強会に出ている。 今日は午前中に、TOEFL勉強会に参加した。やっぱり、勉強会に参加している皆さんはモチベーション、志、学力レベルともにとっても高い!それだけでなく、やっぱり僕がいるようなコンサルティング会社の非常に偏った人種以外の人との交流は、あらゆる意味で勉強になるよ。久々に参加して、やるきを分けていただきました!ぐぉー。がんばるぞォルァァァ!!!! 明日は同じ勉強会でGMATを勉強だ。ここ半年間、仕事一筋で他の何も見えてなかった僕だけど、なんとか勉強に身を入れて、留学準備活動を本格的に再開しないとね。地球のみんな、オラに少しずつ集中力をわけてくれ!あと休職でお金が無いからお金もわけてくれ!