New Caledonia 新婚旅行 (11日目): オルタンス女王の洞窟とピッシンヌ・ナチュレル

 朝、クトビーチ散策。今日も無人島ツアーがキャンセルということで、一日かおりさんと一緒に外出することに。島の反対側にある、天然プールとして知られるピッシンヌ・ナチュレルに行くことにした。行きのバスの途中、アーモンドチョコバニラを買ってごきげん。さらに奥さんの希望で、オルタンス女王の洞窟にバスを止めてもらう。

 オルタンス女王の洞窟は大きな鍾乳洞になっていて、奥のほうに光が少し見えるものの懐中電灯がないと何も見えない。僕が冒険心を出して奥のほうに行こうとしたら足を滑らせてすってんころりん、しかも泥のぬかるみに落ちて体中どろだらけになってしまった。この洞窟は民族同士の戦いがあった頃に女王が身を潜めた洞窟らしいが、奥さんは「ロマンチック♪」とえらく興奮していた。

KIF_1469.JPG

 そして、ピッシング・ナチュレルの近くに到着し、バスを降りる。駐車場から浅い川をのぼると、鮮やかな青の水溜りというかミニ湖のようなものが現れた。これが天然のプールといわれるピッシンヌ・ナチュレルで、シュノーケリングで有名だ。

KIF_1491.JPG

 しかし、いつもどおりとっても寒い。比較的水温は高いのだが、外にいるだけでも半そでだと寒いぐらいなので水に入るのはかなりしんどそうだ。覚悟を決めて水の中に入ってみるが、OH!と叫びたくなる寒さ。しかし、パンをあげると大きな魚がいっぱいよってきてなかなか楽しい。寒さの限界がすぐに来て、水からあがってお昼にすることに。家から持ってきたおにぎりを食べる。もう一度水に入ってフランスパンをあげていると、魚に足の指をかまれた!!皮膚が剥がれてしまったので、けっこう痛い。まー、それはともかく、しばらくすると日も出始めて、なんとか寒さをしのぐことができた。

 夕飯に奥さんがシーフードを食べたいということで、夕方バオ村に一人で買い物に。シーフード、トマト、レタス、ケチャップを買って戻り、夜はシーフードスパゲティを楽しんだ。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.