New Caledonia 新婚旅行 (12日目): 乗馬と海岸探検

 今日は奥さん待望の乗馬デー。一時間しかできないといわれていたんだけど、行ってみたら結局いくらでもできるということで、午後二時間を含めて計三時間やってみました。

 9時半に赤いバンダナを頭に巻いたメラネシアンのおばはんが登場し、島の北にある乗馬場につれていってもらった。乗馬場のあたりはジャングル状態で木が生い茂っており、ひどい悪路で徐行運転が続く。なんか途中で犬が集まってくるのをおばさんがシッシッと追い払っていた。しばらくして馬小屋が見えてきた。

 乗馬場といっても、トラックがあるわけでもなんでもない。たんに森の中に馬がいて、横に馬主の家があるだけ。馬主の家からはメラネシアン人の親子が出迎えてくれた。おやじのほうはがっつり太っていて、どこが首かわからない。ちなみ首には毛が生えているのが気になる。親父といっても、何歳なんだろう。40歳ぐらいだろうか?名前を名乗られたが、忘れたので首なしおやじと呼ぼう。娘のほうは、名前はオリビアちゃん。8~10歳ぐらいの笑顔のかわいい女の子。

 おやじの片言の英語に従って、僕らは馬に乗る。オリビアちゃんはお手伝いで僕の荷物を運んでくれた。僕がのったのは、ベルという雌馬で、奥さんはクリンカという牡馬に乗る。乗馬といっても、おやじが紐で馬をひいて、ガイドしながらあちこち歩いてくれるということのようだ。

KIF_1502.JPG

 まずは、馬に乗ってジャングルの中へ。うっそうと木やツタが生い茂った森の中には見たことがない植物ばかり。足元にはまるくて紫の実やら、いろいろなものが転がっている。ときどき大きなカニが穴に向かって走っているが、どれぐらい大きいかというと、体だけでも両手のひらで包めないぐらいの大きさで、さらに大きなハサミを持っている。おやじがところどころで「これはバニャという寄生植物で、ほかの木にまきついて育つんだ」とか「これはノニで、ジュースにできる」とか「これはブーニャ(タロイモと肉やシーフードを用いたニューカレドニアの原住民の郷土料理)と一緒に炊き込むのに使う草だ」とか「これはメラネシア人がダンスに使う草だ」とかいろいろと教えてくれる。が、実際には英語とフランス語が混じった超片言のコミュニケーション。しょっちゅう何を言われたのかわからないが、とりあえず、おーとかおーけーとか言って聞き流す。ちなみにおやじは僕らが笑うといつもワッハッハと笑う。日本語の会話なんだから無理にあわせなくても良いんだけど、彼なりのプロ意識なんだろうか・・・。途中で一人で馬を操ってごらんといわる。右の手綱を引けば右に行き、左を引くと左に行く。おなかを蹴れば進み、手綱を両方引くと止まる。それだけならシンプルなのだが、馬があまり言うことをきかなかったので苦労した。

 そのうち視界が広がったかと思うとビーチに到着。美しい砂浜が広がっているというよりも、白い砂漠の中にところどころに川のような海がある、という感じ。おやじは迷わず海に向かって歩き出し、ジャバジャバと水に突っ込みジャブジャブと進む。途中で馬がボトボトとうんこを水中にし、まわりの水が茶色に染まるのは軽くひく。そのうち、白い砂漠の中を通る川を渡るような場面があったが、ドラマの中のような雄大な風景だった。カメラを持ってこなかったのが悔やまれる!きれいで人があつまるような観光地もいいけれど、現地の人しか見ることができないような手付かずの自然に触れるというのも非常に貴重な体験だった。

 森に戻るときに、おやじは戻る道をうろうろと探していたが、そのうちひとりで木々の中に入っていって、バキバキと枝を折って道を作り出す。かなりワイルド。

 午前があまりにも楽しかったので、午後もさらに二時間乗馬を楽しむ。お昼はナタイワッチから歩いていける距離のパン屋さんの店頭でチキンとフライドポテトのセット(800円)とパニーニ(イタリア風ホットサンドイッチ、600円)を買って食べる。食べくれないぐらいのボリュームがあるのに、こちらの物価としてはとても安い(一食2000~3000円ぐらいが相場なので)。

 乗馬から帰ってから、カヌメラ湾を散策。左奥のほうを歩いて進むと、干潮のせいかいつもは見えない岩肌が見えていた。岩肌にはあちこちに水溜りができていた。何か面白いものはないかと探してみると、へんな生き物がいっぱい。黒くてでかいなまこみたいなのがいっぱいいたり、なまずみたいなヤツがゆっくり岩の間からニョキニョキでてきたり、あとは、ウミウシっぽいのとか、とにかく巨大でぶよぶよした生き物とか・・・。そんなことを楽しみながらどんどん奥に行ってみたら、いつのまにか海が満ち始めているのに気づく。「海を甘く見たらあかん!」と急いで海岸に走って戻った。スリリングな体験でした。

 夜、近くのバンガローからメラネシアン風の生演奏が聞こえてくる。くっそー、オシャレじゃん!と、悔しくなった僕達は、パソコンから音楽をガンガンかけて、二人で楽しいディナーの準備。ステーキ、ガーリックライスにマッシュポテト、サラダ、チーズをはさんだトマト、海鮮がゆなどを作ってハッピーディナーを楽しんだ。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.