Despair!

昨日打ったボールがその日のうちにアメリカ大陸の反対側から打ち返されてきた気がするが・・・それよりも、見よ!

ひぃ~、でぃすぺあ~(絶望)ドットえいちてぃーえむえる!!!ね~さん・・・

ちなみこの記事が僕の事を言っているのかどうかよくわかりませんが、「日本は、みんなが問題に直面し、危機感が共有されれば、そこから向上していくのだ」なんて僕は思っておりません。「オメー解決策提示できないんだろ無茶言うな」というところについては・・・ムグゥ・・・仰るとおりでございます。

でも、少なくとも若者い世代には、「日本の将来(今じゃないよ)は終わっている」という問題を認識して欲しい・・・その上で、

1.問題認識・解決→再構築

2.日本を早めに駄目にする→再構築

という2つの選択肢が僕たちの目の前にあると知って欲しい。

日本をとっとと去るのは、2に貢献するので、いいことなのかもしれません。ただ、みんなが日本を出て行けるわけじゃない。僕が言っているのは、1の選択肢も存在するということ。1は、とても難しいし、がんばっても無理かもしれないし、向上などしないかもしれないし、甘いかもしれないけど、やるなら今しかないということです。

どちらにせよ、選択肢がそこにあって、若者たちはそれを選ぼうとしている・・・。先進的な考えを持った優秀な若い世代の選ぶ道が、今、日本の将来を決めようとしているのを肌で感じるよ。

無理かなぁ~、でも、世の中にはあきらめない楽天的な人もいるよね。

3 replies
  1. chika
    chika says:

    chikaです。ははは、確かに古賀さんのエントリー見て思いついたけど、それだけじゃない。結構こう言ってる人を最近見かけるので。

    >「オメー解決策提示できないんだろ無茶言うな」

    とは思ってないですヨ。

    「早めにダメにする」は怖いっす。私の脳内simulationではそれは戦争しかないので。だって、優秀な日本人が何万人もつきっきりでちょっとずつdeclineするパスを営々と築いているんだから、それを突き破って「早くダメ」にするのはそうそうないのでは。「戦争の危険」は誰一人agreeしない・・・っていうか、ばかじゃん?って感じでスルーされますが。笑

    Reply
  2. まさゆき
    まさゆき says:

    私は、諦めない楽天的な部類の人間かもしれません。
    ただ、日本が相当前からヤバイのは意識しています。
    私は、日本を去るのは難しいです。なぜなら、難解なほど再構築した時の楽しさがわかるからです。
    渡辺千賀さんの考えを聞けば聞くほど、逆にやる気がでます。
    おそらく、日本人のトップの考えが変わっても、それほど変革は起こらないと感じています。中堅以下に本当の自立心を持たせなければならないと思います。
    そうしなければ、再構築しても永続せず、停止してしまうでしょう。

    日本人には、タフで、妥協に誘い込む交渉力・成長できるという信念・氾濫している情報に左右されない見識が必要だと思います。これをするためには、学校教育の改革も必要になってくるでしょう。

    これからも変革をする為に動き回ります。
    文章が長くなってすいません。

    Reply
  3. yokichi
    yokichi says:

    chikaさん

    おっしゃることはわかります。ただ、どちらにせよ放置してもダメになると思っているので、戦争とは言わなくても中間地点の解がないかな、と思うんですよね、あきらめちゃう前に・・・

    Reply

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.