命の大切さと、動物を飼うということ

家にいる間、視界で何かが動いたように見えると、「あれ、ミケコ?」と、思う瞬間がけっこうある。そしてすぐに、ああ、そういえばもうミケコはいなんだった、と思い出して悲しい気持ちになる。

時々、死んだときに悲しいから動物を飼わないという人がいる。その気持ちは良くわかるし、僕も確かに愛する動物が死ぬのはとても悲しい。でも、子供のころから動物たちの死を目の当たりにしてきたおかげで、命は限りがあるから大切にしなければならないんだということを学ぶことができた。だから僕は、これからも動物を飼い続けると思う。

ミケコとの別れ

ミケコはあの世に行く準備を始めていた。

2週間前には、ご飯をたべなくなった。嗅覚を失って、食べ物を判別できなくなったのだ。母が、ミケコの大好物であるアジを買ってきて、においがするように暖めて出したところ、ちょこちょことは食べていたのだが、数日前からは食べいのに食べられないらしく、えさ箱の前で口をつけようとしては、あきらめていた。
数日前からトイレにもちゃんといけなくなってきた。トイレにいても、ふんばる力がなくなったみたいで、自分のふとんの上で用を足してしまうようになった。

昨日になってからは、自分の小屋をでて人の前に行っては、誰かのそばでごろんとしてまったく動かなくなるようになった。ぼくが一階に下りると、最後の力をふりしぼるように一階に一緒についてきて、自分のえさ箱にえさが入っていないのを見て、ぼうっとして10分ほどぼんやりしていて、またそこにごろんと寝る。

24年前に、大人の三毛猫がうちに転がり込んできた。

その猫はうちのそとの壁(立て直す前の我が家には高い外壁があった)にのぼって、うちの台所の窓を覗き込んで、ごはんがほしいと言ってきた。子供の僕や兄弟は喜んで、えさをあたえた。三毛猫なので、ミケコと呼んだ。そのうち、ミケコはうちに住みたくなったらしく、勝手に家の中に入ってきて、住み着いてしまった。古賀家が飼おうとしたんじゃなくて、ミケコが古賀家に住むことに決めたのだった。ミケコはすでに虚勢手術はされていて、過去に誰かに飼われていたみたいだった。家出したのか捨てられたのかはわからないが、とにかく人なつこく、おとなしい猫だった。なんとねこじゃらしにもじゃれない、おっとり落ち着きすぎて面白くないぐらいの猫だった。

その後、僕らはいろんな猫を飼った。子猫が我が家にくるたびに、ミケコは子猫をおなかの中であたためて寝かせ、毛づくろいをし、やさしく育てた。子猫が大きくなって、ひどくかまれても、逃げ回るばかりでやり返したりしない、気弱でやさしい猫だった。ほかの猫は結局家出してしまったり、病気で死んでしまったり、隣の犬にかまれて死んでしまったりしたが、ミケコは最後までうちにいた。うちが大好きだったみたいだった。

僕は記憶のある時間のほとんどをミケコと過ごした。子供のころ、けんかの弱いミケコが外でけんかしている声を聞くと、敵の猫を追い払いに行った。ミケコはそうすると、うれしそうに僕について帰ってきた。けんかに負けて、おびえて帰ってきて、しばらくはショックで動かないかわいそうなときもあって、ぼくはなんとかミケコにやさしくしてあげようとしたものだった。ある日ミケコが帰ってこない雨の日があって、とても心配したのだが、小学校に行くため外に出たら、隣の家の二階の屋根の隙間で、降りられずにいるミケコをみつけ、雨の中隣の家の屋根の中にもぐりこんで助けたこともあった。でも、お兄さんにいじめられたとき、ぼくはいじめる相手がいないから、ミケコにあたってしまってかわいそうなことをしたと思っていたりもするのだった。とにかく、ミケコとの思いでは山のようにある。ぼくが大人になるまでにミケコは僕にいろいろなことを教えてくれたし、僕にとってミケコはとにかく、特別な存在だった。

死ぬ前の夜、ミケコはぼくを見て、やっとこさ自分の小屋から這い出して、ぼくのそばにきて立ち止まった。ミケコは自分が死ぬのを悟っていたし、ぼくもミケコがもう死ぬことはわかっていた。ミケコは最後に、僕に頭をよせてきた。最後に、さよならの挨拶をしたかったんだろうと思う。ぼくは、ミケコが好きな「あごのしたをゴリゴリなでる」やつをやってあげたら、ミケコはうれしそうだった。

ミケコは自分の小屋の中で死んだ。最期に、ミケコはうちの両親の部屋にいたがったらしいのだが、ミケコは自分でトイレに行けない。だから母は小屋から出たがるミケコを何度も小屋にもどしたらしい。母は、最期に自分のところで死にたかったのだろうに悪いことをしてしまったと、自分を責めていた。そんな母もかわいそうだった。猫は死ぬとき、誰にも見られないように姿を消すというけれど、ミケコの場合は一番お世話になった母のそばがよかったんだろうね。そんなところも古賀家を選んで、古賀家を愛したミケコらしい。

ミケコの死に顔はとても美しかった。死んでも美人だなぁ、と、関心した。僕は、ミケコが好きだったチーズ鱈とチーズ入りかまぼこを買い、ミケコの寝ている箱の中につめた。それから外をであるいて、目白の町に咲く花を摘み、束ねてミケコの顔の隣に添えた。

君は、僕にも、ほかの猫にも、誰にも、いつもやさしい、最高の家族だったよ。幸せに長生きして、よかったね。


mikeko2.jpg 左から僕、姉、兄とミケコ。僕が10歳ごろの写真。

バルセロナ研修

仕事の研修で、スペイン・バルセロナへ一週間行ってきた。うちのコンサルティング会社では、昇進する前に必ず海外研修に行かなければならないことになっている。以前もフランス・パリやアメリカ・シカゴに行ったが、今回のバルセロナもその一環だ。

IMG_1599.JPG
ホテルの部屋。なかなかきれい。

IMG_1595.JPG
研修で同じグループの仲間たち

こうした海外研修は、本来の目的は経営学の勉強。でも、僕からすると、ふだんは忙しくて戦争のような仕事場を抜けて、リラックスできる楽しいイベントなのだ。世界中のオフィスから集まったコンサルタントたちと一緒にわいわいとトレーニングを受けるというのはとても楽しいし、研修中に仲良くなった仲間と夜のバーを回るのも楽しい。

IMG_1635-2.JPG
IMG_1667.JPG
サグラダファミリア大聖堂にて。

IMG_1695-2.JPG ガウディが作ったグエル公園。なんか有名なトカゲらしい。


おまけ。ホテルの外のビーチに続く道で見た看板。胸が当然のように露出しています。当然ホテル前のビーチにはトップレスのお姉さんたちがお・・・じゃなくて、いっぱいおりました。日本ではありえませんな。
IMG_1734.JPG

秘密プロジェクト!

やっぱり秘密プロジェクトというと、ワクワクする!

事の発端は、沖縄の研究者が、使い終わった廃油をリサイクルするクリーンエネルギーの技術を開発しベンチャーのビジネスプランコンテストで大賞を取ったこと。そして、評価者のコメントが「技術もいいし、社会にも貢献する技術だが、開発者しかいない。良いマネジメントチームがいないと駄目だ」ということ。というわけで、経営のプロ、ファイナンスのプロ、R&Dのプロ、化学のプロなど、おどろくほど優秀なメンバーが終結して、ビジネスプランを練り直すことになった。僕にも声がかかり、僕は財務計画と海外展開戦略を担当。給料はないが、もし成功したら1億円を6人で分割し、かつマネジメントチームとして残る権利をもらう、という契約になった。

もちろん、激務であるコンサルティングの仕事はそれはそれでちゃんとするので、平日も夜中に帰ってきてからさらに仕事し、週末も仕事でつぶれることになる。しかも、MBAの受験勉強もあるときたもんだから、睡眠時間の確保がしばらく難しくなるだろうけど、やっぱり人生はエキサイティングじゃなきゃ!

仕事の具体的な話は機密なのでほとんど人に言えないんだけど、戦略が見えてくるまで、楽しくやっていこうと思います。

愛するミケコと油絵

SH530021.JPG
我が家のアイドル、愛するミケコを油絵で描いてみた。といっても2時間で書いたのであんまり努力はしてないんだけど。ミケコももう年なのでいつ死んでもおかしくない・・・というか、生きているほうがおかしいぐらいの年だから、今のうちに彼女の命を絵として残したいと思ってね。

どう?かわいくかけてるでしょ?被写体がいいからね!

同級生のシビル・ウエディング

最近いろいろな結婚式に呼ばれる。今日は明治大学の友人の式だったのだが、今日の結婚式は今までとちょっと違った。今日の式は、人前結婚式(シビル・ウエディング)という、親族や友人、知人などの参列者を証人として行われる結婚式である。今回の式場は、一般の人が出入りするビルの一階で行われたもので、まさに誰でも式の様子を眺めることができる、へんな式である。とはいえ、まじめな友人の結婚指揮なので、そこまで突拍子もないことはおきずに進んだ。

ただ、司会者のコメントがいちいち不自然で、場の雰囲気も考えずに笑ってしまった。たとえば、奥さんの顔にかかったベールを後ろ頭のほうに折って上げる時、「ヴェール、アーップ!」とかまじめに変なことをいってしまうんだもの。「ロケットパーンチ!」みたいな言い方で。しかしあとから考えるとそこで笑っていたのは僕らのテーブルだけだったから僕らがおかしいのかもしれないが。

でも、すごくいいと思うよ、人前式。だって、キリスト教でもないのにキリスト教で式を挙げるのって、敬虔なクリスチャンからしたらあまり気分の良いものではないかもしれないし、宗教って形じゃなく、精神だからね。きっとそういうのを踏まえて、人前式にしたんだろう。まじめな彼らしくて、すごくいいと思う!

ちなみに、4人しか座れないテーブルで、5年前ぐらいにメールしたことがあるだけの後輩と初めて対面で会った。こんなこともあるんだなあ。式をみながらメロンを食べていたら、僕の口からメロンを勝手に抜いた下の皿においた。にっこり笑って、「落ちそうだったので」。こ・・・こやつ何者・・・?なんか気になる・・・。そんな彼女は帰り道に、僕に「進路について悩んでいるから、相談に乗ってほしい」と言って来た。もちろんいいよ、と答えると、お礼に別れ際にチョコレート(ビッツ)を一粒くれた。

KIF_0883-2s.jpg
(数年後の追記)
そして、この後輩こそが、将来僕のお嫁さんになるのだった。

お菓子とジュースの旅

経営コンサルタントは、仕事柄、よく日本中を旅して回る。僕は結構旅は好き。

最近は、お菓子屋さんでおかしを開発している人や、ジュース屋さんでジュースを開発している人と、いかにおいしいお菓子やジュースを作るのかについて討議するために、日本を回っている。だいたい開発の現場は、こういっちゃなんだが辺鄙なところにあるので、飛行機や新幹線を降りてから、電車でゴトゴトと工場に向かうのもとても楽しい。現場についてから、工場を見て回ったりするのも、社会化見学みたいでとても楽しいよ。

開発者の方は基本的にエグゼクティブクラスの方が多いので、もちろんキッチリとしたインタビューを行う。ベテラン開発者の熱いものづくり魂と、優秀な部下によるサポートのおかげで、ミーティングはいつも楽しい!

お菓子屋さんの工場に行くと、こんな普段みかけないような自販機を見かけたりするのも楽しいね。

SH530012-2.JPG

おじさんとおとぎ話

今日は、父、母、兄夫婦、姉、僕、花子(柴犬)で所沢と熊谷に墓参り。天気がよくてドライブも気持ちいい。

ついでに母方の祖母の病院にお見舞いに行く。お見舞いに行くとおばあちゃんはかなり喜んでいた。「おばあちゃん何歳?」「年をきくもんじゃねぇ!」と、ツッコミも冴えてるぞこのおばあちゃん!

おばあちゃんは、僕が訪ねる度に、「ようちゃんは器量(=見た目)がいいんねぇ~男の中の男って感じ。私の血を引いているからだねぇ~お父さんに似なくてよかったねぇ~。でも万人受けって感じじゃないんね」と、ありえないぐらいオーバーに褒めておいて、落とす、という必殺技を炸裂させる。そして、「ようちゃん、仕事や勉強ばっかしちゃいけねぇよ。男はだめなところがなきゃだめなんよ。」と、人生マスターから見たアドバイスを受けるのだった。大丈夫おばあちゃん、僕は十分駄目です。

帰り道にでかいスーパーによる。僕が買うのは、当然リスカ(売ってるのはやおきん)の駄菓子である。リスカはうまい棒とか作ってる会社である。お菓子の帝王リスカの中で僕がすきなのは当然①ふがし②徳用チョコ③うまい棒である。それぞれ、どれをとっても他社の製品とは比較にならない完成度の高さである。だいたい、誰にでもできそうなお菓子ばっかり作っているのにここまで売れてるっていうのはすごい事なの!というか、僕は一生懸命働いたお金で、駄菓子を買うのが、大人になってよかったって一番思う瞬間なの!!!ほっといて!!!

駄菓子を買ったスーパーでは、お正月の売れ残りの鏡餅が10円で売られていた。安!と思って思わず5個買っちゃったよ。そして、僕の前に並んでいたおじいちゃんは餅だけ20個ぐらい買ってた。そのおじいちゃんはすげー喜んでいて、「ウヒャーこんなに安いなんてすんごいことだよこれは。こんなこともあるんだねえ。おとぎ話みたいだねえ」と言っている。店員のおねえさんは明らかにウザそーな顔をしているので、じーさんなぜか僕に向かって言ってきている。つーかそんなおとぎ話なくねえ?ウサギが出てきて10円で餅を買って得をしたからつきで餅をつくのをやめましたとかありえないし。それで亀に追い抜かれたとかもないし。そう思いつつ、「そうですね」と半笑いで返す僕は、よくいる日本人の鏡です。

あけましておめでとう!

さー、久々に再開しました、愛の日記!

愛の日記というのは、僕が中学から高校ぐらいにかけて、手帳に書いていた果てしなくしょうもない日記の名前です。くっだらないことばかり書いては周りのみんなにまわし読みさせていたと言う、どちらかといえばネタ帳に近い日記である!・・・ウソ書きまくってたし。というわけで、愛の日記というタイトルは単なるボケであり、愛とは一切関係ございません。

とはいえ、忙しい社会人。最近は日記なんて書いてないので、はっきりいって書き続ける自信はぜーんぜんございません。というか、メモ帳として使うつもりなので、頼むから読むな。私にもプライバシーがあるです!!

というわけで、記念すべき第一エントリーは、年越しマカロニについて。

大晦日から元旦にかけ、地元の友人(おやじ、渡辺さやか、たまちゃん、のりゆき、Q、つかG)と、年越しそばを作った。正確には、年越しそばを目指した何かを作った。まずはその栄光にむけた失敗の軌跡を説明しよう。まず、そば粉の生地を薄くのばすことができず、そばなのに極太麺になった。さらに、作り方に「生地を伸ばしたら4つに折れ」と書かれていたので正直に折ってみたが、太すぎて折り目で切れてしまうので、麺が5センチぐらいしかなく、ブチブチのマカロニにしか見えない素敵なものが出来上がった。

ええ、失敗しましたよ。でもね、そりゃあ、僕が馬鹿だからというよりも、そばというのはそもそもまったく料理ができない人間が束になっても勝てない恐ろしい敵だったのだよ。そうか、だからそば屋があるんだな!

とりあえず、スプーンで食べるのが一番食べやすいシロモノができあがった。味はスーパーでかったそばつゆの味がして、そばっぽいじゃん、ちゃんと。あと、スーパーで買ったそば茶も、ちゃんとそば茶の味がするじゃん、ちゃんと。というわけで、大成功!!!ヤッタヨ!

そんなわけで、椎名町の長崎神社まで歩いてお参りに行きました。くじ引きは吉でした。去年は大凶でした。当社比、大昇進!!!今年も、経営コンサルタントとしての仕事をがんばりたいと思います。そして、長年の夢であったMBA留学に向けた受験勉強も、がんばりたいと思います!

というわけで、景気良くはじめよう、愛の日記!

正月西日本一周青春18切符極貧の旅: Day 6

兵庫、大阪、京都


朝起きると、今日も寝過ごしていた。なんと、誰かが枕もとのアラームを切ったあとがある。くそう、誰が切ったんだ!もちろん、僕だ。疲れていたので仕方が無いかも知れない・・・。急いでも仕方が無いのでゆっくりと風呂に入った。そして姫路を後にした。電車に乗っても気分は良い。体調は回復したのかもしれない。


京都に到着した。京都は以前通り過ぎただけだったので見ておきたかった。しかし寝坊のせいで余り時間が残されていない。なんせ今日中に普通列車で東京まで戻らないと行けない。京都の周辺をうろうろしていたら、もう時間だ。あまり寺は見る事が出来ずに駅に向かったが、京都の雰囲気を味わう事は多少は出来たであろうと思う。本当はこのまま京都にもう一泊したかったが、それは姫路からここまで来るのに18切符の5日目を使ってしまった今、不可能な事だった・・・。昨日気分が悪くなければ京都まで来て、そのままここにもう一泊出来たのだが。

京都駅は大きくて、土産物屋もあふれかえっている。余り買いたくなかったが、ここまで多くの観光名所をまわっておいて何も持ち帰らないのも何かと思い些細な物を家族に買っておいた。

 

三重、愛知、長野、山梨を経て東京へ



時刻表を見ながら奈良線で木津まで行く。思えばこの時刻表もぼろぼろになったものだ。数日間で、10年前の物の様に見える。インクもすっかり霞んでしまった。その割に勉強道具は妙に綺麗である。なぜ・・・?着替えさえ殆ど持っていないのにやりもしない勉強道具を持ってきたのは最大の失敗だった。ちなみに着替えは、下着を一組だけ。あとは1週間同じ服を着ているが、乾燥肌なので悪臭を放つ事は全くない。そういう問題じゃないけど。

とにかく、木津から加茂へ出る。どちらの駅も、ターミナルであるにも関わらずけっこう小さい。畑が広がり、山が見える。地元の高校生達が楽しそうに話しながら歩いている。

亀山、名古屋を通り過ぎ、中央本線で、今度は塩尻を目指す。標高が高くなるにつれ、残雪が見えはじめた。その頃から暗くなり始めた。中津川で乗り継ぎの為に列車を降りた。雪など滅多な事ではお目に掛かれない東京人の私は、寒い中雪を両手でつかんでみた。その雪は、思っていたより さらさらしており、僕の両手で砕けた。

塩尻を過ぎ、広丘で降りて快速の小淵沢行きに乗る。小淵沢から、甲府に到着した。そして空腹が頂点に達していたので、近くのセブンイレブンでおにぎりを買った。 お腹が空いた時は今まで我慢してきたが、体調の事もあるので、贅沢して2個も買ってしまった。本当においしかった。君にわかりますか。この幸せ。

ところで、長野や山梨を通る中央本線は、ドアが手動で開閉するようだ。無駄に開け放しておくと車内が冷えてしまうせいだろうか。


高尾に着いた時には、10時を過ぎていた。生まれて初めて「終点ですよ」と起こされてしまった。いいなあ、テレビとかで見たことあるけど、ほんとに「終点ですよ」って起こすんだね!感動。高尾から新宿までは1時間もしなかったが、妙に長く感じられた。早く休みたかったからかもしれない。そして11:30頃に、無事に自宅に到着した。西日本の旅、無事に終了であります。

 

旅の終わり


この旅で僕はいろいろな事を学んだ。但しそれはここに書くつもりはない。何か思う所があるというより、かったるいからだ。読めばわかるでしょう。はっはっは。

今回の旅行は僕にとって一生の思い出に残る旅となるだろう。この1週間で私は25の都府県を通った。少しの金と時間、根性があれば、誰でも出来るが、私とてここまでいい加減な旅は次するかどうかもわからない。でも今、新たなる挑戦を考慮中である。

帰り道で考えたが、稚内で「稚内は年中暑くて困るな。」というため又もや 青春18切符で、しかも出費はすべて含めて25000以内で行きたいね。あと、富士山の山頂で日の出を見るのもいいだろう。 だれか、いく?僕と。

大きな地図で見る