コメント返信シリーズ 1 (日本は終わっているのか)

最近、ブログへのコメントに色々思うところがあるので、頂いたコメントとその返信ごと載せてみます。(手抜き・・・)

早稲田大学の学生さんとのやりとり(がんばろう!より)

僕は、日本が危ないということを、若い人に感じて欲しいと思っています。それで、どうすればいいのか本気で考えて欲しいと思っています。「日本にはまだまだいいところがある」というポジティブな話が最近よく聞こえてきますが、僕は惑わされないでほしいと思います。こういった問題先送り型のポジティブ思考ではなく、僕たちは問題解決型のポジティブ思考を持っていく必要があります。そのためには、こうした二十歳前後の、力と可能性にあふれた若い人たちに、問題意識を持ってがんばって欲しいと思っています。

はじめまして!早稲田大学学部生で、現在就職活動を開始したばかりの伊藤と申します。渡辺千賀さんのブログで紹介されて以来、更新ごとに拝見しています。

→外から見ていると日本の状況は構造的にかなり終わっている

ということに驚いてしまったのですが、どんな風に終わっているのかよかったら教えていただけますか?これから働く企業を選ぶ身として、構造的に終わってしまっていない業界や企業を選ぶ参考にさせていただきたいです!

またそれに関連して、古賀さんが今大学生なら、こんな仕事・企業選ぶな~(あるいは日本での就職は勧めないよ!という選択肢も含めて)ということについて、なにかアドバイスいただけないでしょうか?

宜しくお願いします!!

2 replies
  1. 夢見るK
    夢見るK says:

    はじめてコメントします。いつも何か刺激をもらえるblogで楽しく読ませて頂いています。
    「日本が終わっている」というのには、終わっている状態をどう定義するかにより変わってくると感じています。
    今の経済力(世界第2位?)を維持できないことが「終わっている」とすれば、必ずそうなると思います。
    温かい家に住めて、食に困らず、それなりの生活ができる国、もしくは、世界に向けて挑戦していく国ということではまだ「終わってない」と思います。

    非英語圏のいわゆる発展途上国・中進国の中産階級以下で生まれ育った人たちは、苦労して本国の大学教育を受けても国際的な評価は得にくいです。彼らは先進国へ大金出して渡航費用・大学費用をねん出して、国を捨てる覚悟をして先進国でのチャンスを狙ってやってきますよね。
    今しばらくは、日本の大学教育で得たものは、まだglobalに認めてもらえますし、海外に出るのに、今はまだ日本を捨てる覚悟をする必要もないです。途上国・中進国では、本当に大変な逆境を乗り越えてしか得られない機会を、日本で生まれ育ったというだけで得られる状況はまだ暫く続くと思います。

    問題は、日本は未だそんな恵まれた環境にあることに気づかずに次の一手や世界へ挑戦しないで過ごしている人が多いことのように思います。

    そしてこの挑戦を思いとどまらせるのが、私がいなければこの会社・部署は困る、会社はその人がいないと困る(代替不能)と思いこむ社会レベルでの「共依存」状態だと感じてます。
    # 個人レベルの「共依存」が引きこもりという日本独特(?)の社会現象を起こしていると理解しています。
    これを打ち破るのが、「自己責任」・「自立」した生き方だと思っています。会社・社会に貢献をすることは考えても、会社・社会に何かしてもらうことは期待しないことだと思います。
    Ask not what the country can do for you, ask what you can do for the country! ←このphraseで正しかったかちょっと不安。。。

    Reply
  2. yokichi
    yokichi says:

    >夢見るKさん

    仰るとおり、今の日本という意味では終わっていないと思いますし、世界第3位でも4位でも十分幸せだとは思いますよ!

    共依存の中での自立のお話よくわかります。しかし日本で教育されているとなかなかそういうものが生まれないのが困りものですね。

    Reply

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply to 夢見るK Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *