冬休み旅行5日目: 寝台列車でヴェネチアへ!

■ザルツブルグ駅


これがうわさの寝台列車でございますー!うおー寝るぞー!!!


広いじゃないか。隣からいびきが聞こえてくるじゃないか。


なにやらボタンがいろいろあるじゃないか。

そして電車が出発。電気を消すと、外は静かな、青い世界。満月が白い雪の大地を照らして、息をのむような幻想的な田園風景が、ずっと、続いていた。

■イタリア・ヴェネチア到着

朝になって、電車の従業員がコーヒーをもってきてくれた。うーん、良く寝た。荷物をバッグに入れて電車を降りた。ここが、イタリアのヴェネチア。アパートの管理人が、鍵もって迎えに来てくれて、アパートまで案内してくれた。



これがアパート。広くてきれい。


ヴェネチア、すごいね。本当に、川の上の町だ。今までみたどんな町とも、ぜんぜん雰囲気が違う。とても気に入った。町は複雑に入り組んでいて、地図がないと本当に迷ってしまう。みよ、この生活感。洗濯物が・・・。


どこにいこうかな?クリスマスはオフシーズンだからか、ぜんぜん人がいない。


車も、バイクも、自転車すらも見かけない。みんな、本当に船のバスを利用しているんだなあ。


俺も、海の男だ!バスでいくぜ。


なんか有名らしいリアルト橋。


なので、記念撮影・・・をしてあげる、奥さんの図。


どこへ行ってもこんな風景。すごいなあ。





ベネチアングラスのお店のディスプレイ。ちなみにこれ、手作りなんですがめちゃめちゃ小さいんです。アリも、実物大に近いぐらい小さい。糸のような細い触覚も、ガラスだというから驚き。


これも、全部グラス。全ての人形は、小指の指先ぐらいの大きさしかない。


そんなヴェネチア、クリスマスツリーまでガラスです。やりすぎ!

■ヴェネチア アパート泊

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *