冬休み旅行2日目: ドイツ・ミュンヘン到着

■アイルランドの空港からドイツ・ミュンヘンへ

ミュンヘンに到着。ミュンヘン、寒すぎだろ。

飛行機を降りたらマイナス10℃の外気温が僕たちを襲う。ボストンを離れて暖かくなるかと思いきや、これはいったいどういうことなのおー!

そんなぼくのガッカリ感を気にも留めず、奥さんは生絞りオレンジジュース自販機にとびついた。お金を入れると、オレンジが二つに切られて自動的に絞られるというすごいマシーンだ。

RIMG0174-2.jpg
でも、飛行機を降りてうろうろしていると、親切なドイツ人が英語で話しかけてきてくれる。すごいなー。みんな英語話せるし、そしてすごく親切だなー。ドイツ、早速気に入ったぞ!

そして、ホテルに到着・・・って、ユースホステル!?

奥さん「面白そうかと思って、ミュンヘンだけホテルじゃないの!」

ふむ・・・確かに面白そうじゃん。ユースホステルにとまるなんて初めてな気がするので、どんなものかちょっと試してみよう。

ユースホステルにつくと、まず当然のようにほかの皆さんと同じ部屋。男も女も一緒で、ベッドで仲良くしているカップルもいる。アメリカ人の高校生が多いようで、受験の話などでもりあがっている。ロッカーとかもない。あるのは、薄いブランケットがついたベッドのみ。荷物を置いてしばらくすると、停電した。そう、停電ですよ、停電。いやー、こういうトラブル大好き。アドベンチャーって感じでついエンジョイしちゃう。とにかく、ワンダーランド。これは面白くなりそうだ。

消えた電気を笑い飛ばしつつ、僕たちは町を見にに出かけた。寒いので足早に・・・。奥さんは、さむさに耐えかねて早速あたたかい靴を10ユーロで購入。でも、まわりのドイツ人は平気そうに歩いている。さすが北国の民族ということろか。ちなみに、赤信号で、車が来ていなくてもちゃんと待つあたりは、国民性を感じる。

RIMG0185-2.jpg
クリスマスマーケットに到着。クリスマスマーケットでは、ソーセージなどの食べ物や、おかし、クリスマス用の飾りなど、色々なものが売っている。夜になってくるとお店のライトがとてもきれい。



僕はミュンヘン名物白ソーセージを買ってみたが、うまい!!!



ちなみに、ユースホステルに戻ったころには電気はついていました。

■ミュンヘン、ユースホステル泊

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *