冬休み旅行12日目: モロッコ・ワルザザートへ

■ローマを早朝に出発

今日は一日移動。朝から電車で空港に向かった。

ローマからモロッコ・カサブランカまではそこまで遠くないのだが、乗り継ぎが少ないのと、遅延のせいで、カサブランカでかなり待たされた。


ワルザザート行きの飛行機。アラビア文字が書いてあるが、さっぱり読めません。

■ワルザザート、深夜に到着

ワルザザートについたのは、結局真夜中になってしまったのだが、それにもかかわらず、ワルザザートでのホームステイ先の主人であるアイシャさんという女性と、息子のシンヤ君が空港で僕たちを待っていてくれていた。アイシャさんは、日本人の建築家と結婚したモロッコ人。日本語が話せるというわけではないが、片言の単語を駆使して、ほとんど何でもコミュニケーションするものすごい力がある。というかそれ以前に、なんというか、ものすごく愛にあふれている人だ。こりゃ、二本人の建築家の方である森分さんが結婚したのもしょうがないな。

アイシャさんは、夜中について疲れた僕たちに、クスクスという料理をふるまってくれた。この、出てきたクスクスの、大量なこと!!!これいったいどんな食べ物!?しかもこんな夜中に食べられるはずがない・・・


ウソ。ごめん。めちゃめちゃおいしい。これなら食べられます!


感動のあまりに記念撮影。クスクスうまいぞ気をつけよう!

そして、部屋に案内され、ふとんの中に。はっきりいって、これまでで一番寒い。キャンプ状態です、これは。外気温より寒いのでは?結局、凍えるないように、持っている服を大量に着込んで眠った。

■ワルザザート 愛にあふれたアイシャさんの家 泊

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *