冬休み旅行13日目: サハラ砂漠で年越し

■ワルザザートの朝


目が覚めた。朝になったら、結構暖かくなっていた気がする。すごいなあ、モロッコの家は。きっと夏向けに作られているのかもしれないな。さあ、トイレにでも行きますか・・・


で、どうすんのこれ?


ここに、こう、乗せろ、と?入り口に振り返る感じで?手前のバケツで・・・流す?うーむ、戦いのルールがわからない時点で、僕の負けだ。恐るべしモロッコ。

■サハラ砂漠へ

僕たちは、年越しをサハラ砂漠でするために、4WD車を借りて、ドライバーとガイドを雇って、サハラ砂漠へと向かった。サハラ砂漠に近い町まで4時間、さらに砂丘まで4時間かかるという。

サハラ砂漠への道のりは遠く、砂丘に入るまでだだっぴろくてゴツゴツした道を、僕たちは延々と進み続けた。


おそらく遊牧民に飼われているヤギが歩いていた。



今年最後の夕日!

■サハラ砂漠到着

サハラ砂漠についたときには、もうすっかり暗くなっていた。天の川がきれいに見えて、月明かりで砂漠が照らされているので、歩き回るには問題ないぐらい明るかった。(歩き回れないと、”トイレ”にいけないからね!)




夕食は、ガイドの人がタジンという料理を作ってくれた。

そして、ドライバーを含めて、みんな楽しそうに歌い始めた。天の川の屋根の下、アラブの聞いたこともない歌に包まれて、夜は更けていった。

■サハラ砂漠 遊牧民テント泊

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.