New Caledonia 新婚旅行 (16日目): スクーバ・ダイビング

 朝起きると、バンガローの前のサンダルが片方ない。ぼくらが犬をかわいがるので、僕らのバンガローの周りはいつも犬だらけであることを考えると、犯人は犬に違いない。ナタイワッチの敷地内を一生懸命探してみるものの、みつからない。ホテルのフロントにお願いして、探しておいてもらうことにした。

 朝7:45にダイビングセンターの車が迎えに来た。ナタイワッチから、僕らのほかにもキャンプしているフランス人3人が参加するみたい。頭のうすいにーちゃんと、女性二人。ダイビングセンターにつくと、他にも1人参加者がいるようだった。

 ダイビングセットをもってモーターボートに乗り、沖のダイビングポイントへ。他のダイバーたちが、せっせとレギュレーター(マウスピースみたいなやつ)をタンクに取り付けていたが、ぼくはどうやるのかすっかり忘れてしまっていて、ダイビングセンター任せ。PADIのオープンウォーターライセンスを1999年に取ってから、一度たりともダイブしてませんからねぇ。

KIF_1598.JPG
 まず他のダイバーがダイブし終わるのを待っている間、僕らはシュノーケリング。なかなか魚がいっぱいおります。しかし、奥さんは体が冷えてしまい、ダイビングはキャンセルすることに。残念ながら、インストラクターと二人でダイブすることになった。

 水中に潜り、珊瑚の壁を伝って下へと向かう。周りを見渡すと、魚の群れがいたるところに泳いでいるのが見える。今日は風が強く、透明度があまり高くなかったので遠くのサメやエイは見えないが、目の前の岩にはいろいろな生き物がいるのでそれを楽しむ。手を近づけるとピュッと岩の中に消える鮮やかな青や黄色のイソギンチャクや、マスクに突進してくる小さな黄色い熱帯魚など、面白いものを見ることができた。

 僕らは一回だけのダイブなのだが、他のメンバーが二回ダイブするということで、船の上で一時間待つことに。この寒い中、しかも激しく揺れる船の中、一時間も待ちたくないが、仕方がない。船の上にいるのが耐えられないので、とりあえず海に飛び込んで海の上で波に揺られていた。水温は23度。水風呂ほど冷たくはないという感じでなんとか我慢できる。

 家に帰ってくると、バンガローの中にサンダルが揃えておかれていた。どうやら、レセプションの前に落ちていたらしい。お犬様のしわざであることは明らか。僕たちが好きなことはわかるけど、曲がった愛情表現はダメよ!

 イルデパン島の最後のディナーは楽しみにしていたカレーです。すっかりなじんだナタイワッチの生活も今日で終わりと思うとさびしいのであった。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *