あけましておめでとうございます

謹賀新年ッ!

このブログを読んでくださっている皆さんはほとんど日本におられますが、みなさんお元気でしょうか?去年の夏に仕事でちょっと帰国したぐらいで、みなさんに直接ご挨拶できなくて非常に申し訳ないです。みなさんの年越しはどんな感じだったのでしょう。

2008年の新年はモロッコのサハラ砂漠で迎え、2007年はボストンの海岸で花火を見ながら年を明かしたのですが、2009年は子供がいるから外に出られないということで、フツーにカリフォルニアの家でのんびり年を迎えました(日本ではないという時点でそんなにフツーではなかったが)。しかし、せめて日本っぽい年越しにしよう!ということに決定。

ということで、「ダウンタウンの笑ってはいけない新聞社」(日本の年越し番組)をYoutubeで見て爆笑しながら、年越しそばを食べた(2005年には自分で作ったところ謎のマカロニが完成したという反省から、買って済ませた)。でも、もち米を買ってきておもちをたくさん作る。もち、うまい・・・。なお、年越しの瞬間は、新しい家族を迎えた記念に家族3人で手を取り合って「イェ~イ」と無意味に叫びハイ・ファイブしながら迎えました。除夜の鐘をつきにいこうかと思ったが、さすがにここはアメリカなのであきらめた。

近況

息子も元気にすくすく育っています。もとから子供好きなのですが、ぶっちゃけ生まれた瞬間は、「ハァ、これがうちの子供ネェ」という感じで実感がわかなかったのですが、毎日オムツをかえて、お風呂に入れて、だっこしてと、長い時間を一緒にすごしていると、うーん!!!!不思議なほどにジワジワとかわいくなってきます。ちなみに、もう息子のパスポートが来たのですが、初めてアメリカのパスポートを手にして、「おぉ・・・うちの息子がアメ人!?」と半端じゃない違和感を感じました。(日本のパスポートはまだしばらくできない・・・)

奥さんは息子が生まれてから、全てにおいてハイパフォーマンスを実現しています。時間の管理もうまくなり、家事も上手にこなし、子供の世話を文句ひとつ言わずにがんばっており、ママはすごいなあと思うばかりです。

僕のほうは、世界不況の影響でありえないぐらいの逆境におかれたシリコンバレーにおいて、笑えるぐらいにエキサイティングな毎日を過ごしています。個人的はいろいろとやっているのですが、大体面白い事はブログに書けないのが悲しいところ・・・。

2009年について

2008年は無事にハーバードを卒業し、シリコンバレーに引越してすばらしい人たちとたくさん出会い、モバイルベンチャーで楽しい仕事をできるようになり、かわいい子供も生まれて、楽しいことがたくさんあったすばらしい年でした。その裏では色々なリスク(例:卒業直前に内定を断り職がなくなった・・・他、大人の事情で書けない事もたくさん)を取ったおかげで、非常に心労も多い年でしたが、支えていただける仲間やアドバイスをいただける先輩方や知人の皆様、そして家族のおかげで、元気に2009年を迎えることができたと思います。ありがとうございました。

一方、今、とても仲がよかった同級生たちは、世界に散って、いろいろなところで活躍して世界の経済を支えようとしているわけで、みんなの近況報告を聞くたびに気が引き締まります。今年も波乱の年になりそうな予感がしております。僕も今年は気合を入れてさらなるバカっぷりを発揮していこうと思いますので、よろしくお願いします!

平成二十一年 元旦

2 replies
  1. まりこ
    まりこ says:

    あけましておめでとうございます。
    以前メールをした明治大学の後輩です(直接ではないです^^;)。
    古賀さんの日記、いつも楽しく拝見しています。

    モロッコの砂漠での年越しも、海外での年越しも素敵ですね。

    これからも愛の日記楽しみにしています(^^)

    Reply
  2. yokichi
    yokichi says:

    まりこさん、

    あけましておめでとう&コメントどうもありがとう!今年も愛の日記をよろしくお願いします。

    Reply

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.