すし太郎

壊れていた自宅のパソコンが復活いたしましたので、ようやくブログが再開できてうれしい!今までメールの返事も滞っていましたが、もし僕から返事がきてないメールがあったら文句言って下さいね。

奥さんファンの皆様お待たせしました。久々のブログは奥さんネタです。

うちの奥さんは、よくわからない「宝物」と称するものを大量に保有している謎の生命体である。何百年前に買ったが「大事だから一度も使わない」という服とか靴とかあるし。さらによくわからないのが、「切り抜き」とか「チラシ」である。奥さんはこうしたものを目の色変えて収集する性質があるのだが、これがまた増える一方で、捨てないんだ。それで、我が家ではいつも「捨てろ」「あなたにはこの大事さがわからないのよ」みたいなケンカが発生している。

トーゼン宝物の山はボストンに持ち込まれている。本日はその中の謎のチラシをひとつを紹介する。

すし屋のチラシだ。

その名もすし太郎

僕たちが日本にいたときのだから、けっこう前のチラシ・・・

しかしこのチラシは、経営戦略、起業、マネジメントに人生を費やしてきた僕にとって、あまりにも驚愕の内容であった。

このブログのリーダーにはMBAの学生が多いので、マーケティング戦略のケーススタディとしてここで紹介したい。

世界のMBA生の諸君、すし太郎のイノベーティブなマーケティング戦略をよく見なさい。

・・・

1ヶ70円か。うん。やすいね。ん・・・

毎日半額?

毎日半額ってどういう意味?だって毎日なんでしょ?半額?半額ってどういう意味だっけ?

松にぎり280円!?安すぎない?大丈夫?だって最初のマグロ4ヶでもう70×4=280円なんだよね?

ふむ・・・りんご1ヶか。1ヶ・・・。あ、りんごの後にキュウリ来るんだ。デザートって普通最後では・・・

あ、うん、竹も280円なんだ。

え、竹も280円なの?だって松?って???

あ、竹にはキュウリ巻あるんだ。あれ、でもキュウリ1ヶもある・・・キュウリとキュウリ巻は別!?だったらさっきのキュウリは何!?キュウリ巻???カッパ巻???

ていうか

携帯電話でいいの、店の番号!?浅草だよね?

あ、裏あった・・・裏には何が?



おお、キャンペーンやってるんだ。日本一安いのに。

うん、ジャンケンに勝つとすし無料か。

・・・

え、無料にしていいの?ジャンケンだよね?

・・・・

(そして2000円がもらえます)

ん・・・いま何かすごいものを見たような・・・

なに!?280円のすしを食べて、ジャンケンで買ったら無料で、かつ2000円くれるの!?そしてそれはカッコで小さく書くんだ!?「ジャンケンに勝つとすし無料ってすごい強調してあっちこっちに書いてあるけど強調すべきは2000円じゃないの?いや、確かに2000円の件は右下にも「(得)ジャンケンに勝つと二千円がもらえますって」ってあるけど、それ「マル得」とかで済むレベルなの?

まだ見るところがありそうなので再掲。同じ画像ね。

ふむ。出前しますと、でかでかと書いてある。

15分。

15分!?

速過ぎない?

遠くてもOKか。

遠くてもOK。

遠くてもOK・・・

遠くても、OKなのか?

15分で?????

というか

03の電話番号持ってたなら、最初からそっち出しなよ。闇金か。

ああ・・・24時間営業なの・・・もうだめだ・・・驚けない・・・

すし太郎・・・・

こんなに気前が良いのに、500円の海鮮丼が大盛になると900円になるすし太郎・・・

すさまじい経営手法だ・・・

庶民の味方だ・・・

ハーバードで経営学の修士まで取った僕としては、一人当たりの顧客価値とか、座席数とか、回転数とか計算してみたくなる。しかし、もしそれをやってしまったら経営学のありかたを根底から否定されすぎて、全てに自信をなくしてしまうかもしれない・・・

すし太郎。

さすがわが奥さんによってボストンに大事に運ばれてきただけはある。

あなどれん。

ちなみに奥さんが店を覗いたら、中に板前さんが一人いたらしい。きっと彼が15分で出前するんだろう。遠くても。

ん・・・まだ何かついてるな。何だろうこれは。


ウッ・・・・ウゥッ・・・

・・・もういいんだ・・・もう割り引かなくてもいいんだよ・・・

もう・・・

さようならすし太郎・・・

Google Mapで見たら、君がいたところにはラーメン屋があるよ・・・今から出前をボストンに頼もうかと思っていたのに・・・15分で・・・遠いけど・・・

何があったのだろう・・・・

それは誰にもわからない・・・

13 replies
  1. カヲリ
    カヲリ says:

    非MBAの私にはDeceptive practice該当広告に思えて仕方ないです。。。おもろいのでアリですが(笑)

    西に移る前にボストンに遊びに行きたいとおもっとるのでその際はよろしうです~。たぶん6月半ばくらい??

    Reply
  2. Mika
    Mika says:

    すし太郎の夢を見ました。巨大なラーメン屋の中の一角にすし太郎があるという内容でした。夢なのにオチらしきものがあったのにはちょっとビックリです。

    余談ですが、「名前とか記憶しとく」をいつもチェックするのですが、記憶してくれた事がありません。Chrome使っているとか関係あるのかしら??

    Reply
  3. mizzy
    mizzy says:

    あはは! 

    あ、挨拶よりさきに笑ってしまいました。

    はじめまして。かんきさんの RT から来ました。
    弊社がもっかマーケティング調査真っ最中なこともあり、面白く拝読させていただきました。

    でもつぶれちゃったのか「すし太郎」・・・。
    てか、この店名、普通に商標権ひっかかってそう・・・登記のとき問題なかったのかな。

    浅草は近所なので、こんど跡地に行ってみます!
    またブログ拝見させていただきますね。
    今後ともよろしくお願いいたします。


    Reply
  4. yokichi
    yokichi says:

    > カオリ

    詐欺をするならもう少し上手にしたほうがいいので、きっと詐欺じゃないんだと期待しています。ボストンでおまちしてます。

    > Mika

    これが正夢になることを僕は期待しています。しかし、人のブログの話が夢に出るっていったい・・・。ちなみに、確かに記憶してくれない。プログラム上のエラーか、僕が何か設定ミスしているのか・・・

    > うぃるさん

    試験は「資本金が100万円として、何日で倒産するでしょうか」

    > mizzyさん

    ほぼ間違いなく商標権にひっかかっていると思います。登記しているならば・・・


    Reply
  5. kyoda
    kyoda says:

    はじめまして。
    いつも皆様には、大変お世話になっています。

    あまりにも驚愕してしまい、衝動的にコメントしています。
    いやーすごい!

    5月に入ってからは確実に一番大笑いさせていただきました。

    リフレッシュでき、本日これからの生産性UP間違いなしです。
    奥様へも非常に感謝の旨、お伝えください。
    (多分、奥様はこういった効果を狙っていたのでしょう)

    Reply
  6. junko
    junko says:

    はじめましてこんにちは。m(__)m
    カラッと晴れた日曜日、笑わせていただきました。ヾ(^▽^)
    いつだったかは忘れましたが、新聞の折り込み広告にも、このすし太郎と似たような感じで、ボールペンで書いたような”手書き”のチラシがあったのを思い出しました。
    「一生懸命、家族で頑張ってます」とか「母も頑張ってます」とか、家内工業の必死さを全面に押し出した、これまた決して上手とは言い難い、手書きの家族の似顔絵が描いてありました。
    A4コピー用紙に、縦横無尽にまるでサイン帳のごとく書いてあり、紙をひっくり返しながら、隅々まで見て笑ったですね!
    最近は、この手書きの広告やチラシが多くなってきました。
    手書きだとついつい、目を通してしまうのです。
    おとといは、便箋二枚にわたり切々と「コロニアル屋根の修理が何故必要か」が書いてある封書が我が家のポストに入ってました。
    ブログ、これからも拝見させていただきます。
    (*^m^*)

    Reply
  7. yokichi
    yokichi says:

    ありがとうございます。あえて手書きのチラシなんですねえ。面白いです。

    ・・・土曜日だけど。

    Reply

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>