HBS 2+2 Program

またハーバードネタでも申し訳ないのだけれど、来月からHarvard Business Schoolが2+2プログラムの募集を開始する。

2+2プログラムというのは、大学3年生の終わりの時点でHBSを受験し、合格すれば若くして2年後のHBS入学の籍が確保される。2年間はHBSの指導・キャリアサポートの下で2年間の勤務経験をつむことになり、その後、2年間HBSで過ごすという、2+2で計4年のプログラムだ。もとからHBSは学部生でも就職せずに入学できるし、1年生の40%が卒業してから3年以内にHBSに入っているのでもとからかなり平均年齢が低いが、「学生枠」ができたことでさらに下がっていくだろう。

ここから読み取れるHBSの仮説は、

  • 20代半ばから英才教育するのではリーダーを育てるのでは遅い
  • 本当に優れたリーダーは大学3年の時点ですでに頭角を現している
というものである。もちろんこれは仮説を検証するための実験的な取り組みだろうけれど、このモデルが有効である事が証明されれれば、2+2組はHBSの中のエリート組という位置づけになり、一般組の枠がどんどん減っていくという可能性もありえる。

エッセイの質やGMAT/TOEFLの点数水準などは通常の受験の場合と変わらないだろうし、90名しか入れないので倍率は高いと思うが、自信がある大学3年生のみなさんは受験してみては?

(なお、詳しいことはわからないので質問がある場合はHBSに問い合わせてください。)

http://www.hbs.edu/mba/2+2/

1 reply

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *