楽しいシリコンバレーライフ!

シリコンバレーに越してきて一週間。

家もないのに飛び出したが、急ピッチでこちらの生活が立ち上がりつつある。

気づいたのだが、今の家は、HBSに1年早く入ったGoogleのけいちゃんの家の目の超近所である。だから、彼がもう日本に帰ってしまったのはとても残念。

徒歩圏内にショッピングモールがあって、買い物もとても楽しい。WholeFoods、Trader Joe’s、Safeway、Wal-Martといったアメリカのメジャーなディスカウントストアから、100円ショップのダイソーまでそろっている。ダイソーはさすがに100円ではなく1.5ドルだが、日本同等の品揃えがあるので非常に便利。奥さんはダイソーに完全にぞっこんである。

そうそう、ショッピングネタでいうと、しつこいけどまた書いちゃうよ!こちらの日本食事情。

ボストンには確かに日本人もちょっとはいたが、たいした人口ではないので、客が少ないので当然日本食スーパーもしょぼく、日本からくる友達から細かいものをお土産で持って来てもらわなければならなかった。日本食レストランもほとんどなく、あっても「フュージョン」といわれるアメリカ人向けに味を変えたものばかり。そりゃそうだ、アメリカ人のほうが来るんだから。日本で人気のラーメンなど出したら「こんなまずい日本食を出すな!ふざけてるのか!スパイシーツナ巻きと海老の照り焼きを出せ!」とボストンのアメリカ人ブチ切れるのがオチであろう。

しかし、シリコンバレー周辺では車でちょっといけば大型の日本食スーパーがあるので日本で買えるもののほとんどが揃う。そしてボストンに比べてとても安い。大型の韓国スーパー、中国スーパーでも日本人が好きな食材が上質で安く手に入る。レストランもちゃんと日本人向けの日本食が多い。日本でもやっていけるうまいラーメン屋がいっぱいある。ここなら、日本に帰らなくてもやっていける気がする。あー、聞いてくれてありがとう。うれしくてまた書いたよ。読んでいる人にはこのうれしさはわからないと思うけど、やっぱり食べたいものが食べられない不自由というのは本当にしんどかった。食べたいものが当然のように手に入るというのはかなりの贅沢なんだね。

気候もあいかわらず素晴らしい。火事の白いもやも最近は晴れて、本来の青い空がきれいに見えてきた。温度もあいかわらず快適。朝晩はやはりTシャツだと少し寒いが、昼になるとちょうど良くなる。直射日光はちょいとジリジリくるが、それも日陰に入ればひんやりするので冷房はいらないね。

なんか、人ももっとオープンでのん気だよね。一年の大半が雪で閉ざされるボストンと比べて、いつでも外に出られるこちらの人が社交的なのはわからんでもない。まーこんなに気候良かったら人と合いに行くでしょ、そりゃ。

なんにせよ、ボストンの会社の内定を受けずに飛び出してきて本当によかったよ。先のことをあまり考えず辞めてしまったところもあったが、きっとあれはアンラッキーだったのではなく、むしろ人生でトップクラスにラッキーだったのだと思う日が来る気がすでにする。あの仕事は給料も仕事内容も悪くなかったけど、どうも冒険が足りないと思っていた。人生一度しかないのに、普通に仕事するなんて、どうせ僕には耐えられないんだから、できないことはするなという話ですよ、きっと。

ま、ここからが大変なのだが、就職活動山あり谷ありとすると、あとは谷から上るだけ!ここからパーッと楽しくやっていきます!

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *