命の大切さと、動物を飼うということ

家にいる間、視界で何かが動いたように見えると、「あれ、ミケコ?」と、思う瞬間がけっこうある。そしてすぐに、ああ、そういえばもうミケコはいなんだった、と思い出して悲しい気持ちになる。

時々、死んだときに悲しいから動物を飼わないという人がいる。その気持ちは良くわかるし、僕も確かに愛する動物が死ぬのはとても悲しい。でも、子供のころから動物たちの死を目の当たりにしてきたおかげで、命は限りがあるから大切にしなければならないんだということを学ぶことができた。だから僕は、これからも動物を飼い続けると思う。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *