講演: グロービス・グループ代表 堀義人氏

イノベーション都市であるボストンにおいて、日本人の皆様にアントレプレナーシップとイノベーションについて学ぶ場を提供するべく、色々考えています。まず、HBSの竹内教授と共に、下記の講演のオーガナイズをしておりますので、ぜひご参加下さい。

急な告知となりますが、現在ボストン来訪中の堀氏のご好意により下記の通り講演会を開催する事になりましたのでご案内申し上げます。会場の収容人員の関係上、先着60名とさせていただきますのでご了承ください。(無料)

日時 6月5日(日)5:00PM 受付開始 5:30PM-6:30PM 講演

場所 MIT Sloanキャンパス Building E51 部屋番号145 http://whereis.mit.edu/?go=E51

50 Memorial Drive Cambridge, MA 02142

定員 60名 (先着)

登録フォーム:  http://bit.ly/lbJTs1

講演内容:  日本におけるイノベーションの必要性/震災において民間ができる事

前半は、日本有数のベンチャーキャピタルの代表パートナーとして、日本のイノベーション(技術革新)をリードする立場から、なぜ日本経済においてイノベーションが重要なのか、同氏がイノベーションを通じてどのように日本に影響を与えようとされているのかについて語って頂きます。

後半は、震災により多大な影響を受けている日本において、民間企業に何ができるのかについて議論して頂きます。同氏は、「(大震災に)ひるむことなく、かならず町を、そして日本を復興する」という目標の元に、日本の若手・中堅起業家や著名なリーダーを集めて「Project KIBOW」を結成しました。同プロジェクトは、インターネット上で「共感の場」をつくり、世界と日本の援助できる人と援助が必要な人の「希望の架け橋」になることを目指しています。本講演ではこうした取組の内容を共有して頂き、民間企業ができること、海外にいる日本人が「架け橋」としてできる事について議論して頂きます。

堀義人氏について

ハーバードビジネススクール(HBS)にてMBA取得後、日本にてグロービス・グループ、グロービス経営大学院、グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル)を運営しながら、経済界の若手リーダーとして日本をひっぱっておられます。また次世代の日本のために、経済人の立場を超えて日本の進むべき道について様々な提言をされています。

本講演について

ハーバード・ビジネス・スクールの竹内教授と、グローブスパン・キャピタルのディレクターである古賀洋吉氏を中心とし、年末を目処に日本のイノベーションの活性化を目指した組織の立ち上げが進められています。本組織では、イノベーションや起業の第一線に関わる皆様に定期的に講演して頂くことを検討しており、本講演はその一環として行うものです。

問い合わせは登録フォームよりお願いいたします。

Seminar: Mr. Yoshito Hori, Chairman and CEO of GLOBIS Group

We’re pleased to announce a seminar by Mr. Yoshito Hori, Chairman and CEO of GLOBIS Group. Registration is first-come, first-served and is limited to 60 due to the room capacity.

The seminar will be held in Japanese. Free of charge.

When: June 5th (Sun.) 5:30-6:30pm; doors open at 5pm

Where: MIT Sloan campus, Building E-51 145 http://whereis.mit.edu/?go=E51

50 Memorial Drive Cambridge, MA 02142

Max Capacity: 60 (first-come, first-served)

Registration Form: http://bit.ly/lbJTs1

Title: Japan’s Need for Innovation/ the Role of the Private Sector in Times of Crisis

During the first half of the seminar, Mr. Hori will share his perspective as one of Japan’s innovation leaders as a managing partner of a prominent venture capital in Japan, and discuss why innovation is critical for the Japanese economy and how he plans to bring about changes in the society through innovation.

During the second half, Mr. Hori will discuss the role of private enterprises in the face of the tremendous damages caused by the recent disaster in Japan. Mr. Hori has launched Project KIBOW, comprised of young entrepreneurs and industry leaders who gathered to support Mr. Hori’s message: “We will never be defeated. We will rebuild the towns, rebuild Japan.” This project aims to create an online “Bridge of Hope”, a hub for compassion that connects those affected in Japan and aid providers overseas. During this seminar, Mr. Hori will share the details of the project and discuss the role of internationally-based Japanese citizens as a bridge between Japan and the rest of the world.

About Mr. Yoshito Hori

An MBA graduate from the Harvard Business School, Mr. Hori is an emerging leader in Japanese business scenes.  He is Chairman and CEO of the GLOBIS Group, a multi-faceted organization that supports change and creativity in society by building business infrastructure that encompasses “People,” “Capital” and “Knowledge” resources.  He also serves as President and Dean of GLOBIS University and as Managing Partner of GLOBIS Capital Partners, the venture capital arm of the GLOBIS group. Furthermore, Mr. Hori is a regarded thought leader whose proposals for the future of Japan go beyond his role as a business leader.

About this seminar

Dr. Hirotaka Takeuchi, Professor at Harvard Business School, and Mr. Yo Koga, Director at Globespan Capital, are working to establish an organization aimed to revitalize innovations in Japan. The organization is slated to launch toward the end of 2011. One of the activities being considered for the organization is a seminar series given by leading innovators and entrepreneurs; the seminar session will be part of this series.

For any questions, please contact us through the registration form.