車の故障 & 巨人

なんだか車が変な音がするので修理工場に持って行ったら、ブレーキが壊れていて950ドル(10万円ちょい)かかると言われた。Caliperが割れているから変えないと走れない、roterとpadも限界だ、みたいな話をされるが、こういうとき、はっきりいって僕は車のことが詳しくないので、ハァそうですかとしか言えない。車を修理工場から出せないほど危ない、と言われると、言い値を払うしかなくなってしまう。でも、先日こうして10数万払ったばかりで、また10万か・・・と、がっかり。

そこで、車に詳しいクラスメイトのマットに相談したところ、「おれが一緒に見に行ってあげるよ」と言ってくれた。そして、マットと一緒に修理工場へ。

マット「確かに大事なパーツが壊れているね。Caliperはブレーキをかけるためにとても重要なパーツだから、これは確かに直さないとだめだ・・・。でも、こわれてるのはこっちだけだから、両方直す必要ないな」
修理屋「でも、うちでは両方直すことになっている。何でもペアで修理するほうがいい」
マット「でも壊れていないものを買う必要はないんじゃない」
修理屋「うーむ、でも、うちでは何でも両方やることになっているから。」
マット「RoterもPadもまだしばらく使えるじゃない。なんで換える必要があるの?」
修理屋「でも、普通Caliperを変えたら全部変えるから。」
マット「しかも、Roterだけで200ドルって・・・しかも、こんなの50ドルで買えるよ。」
修理屋「いや、この辺では在庫がないよ」
マット「いや、たった今すぐそこで在庫があるのを確認したから、大丈夫」
修理屋「・・・」(機嫌が悪くなり始める)
マット「このCaliperも500ドルかかるって話だけど、180ドルで売ってたよ。」
修理屋「・・・」(機嫌が悪い)
マット「というか、このCaliper、ピンが一本抜けているだけじゃん。ピンだけ入れてくれよ。」
修理屋「それはできない。うちでは交換はするけど、既存パーツ自体の修理はできないし、そうすると保障もできない。」
マット「そうか。じゃあ、ここで直す必要はないな。ありがとう」
修理屋「わかった、じゃあ早く車を出して持っていってくれ。」

そして、マットは7ドルでピンを買い、「今度1時間で直してあげるよ。かわりに、日本食を作ってね。」と言って、彼はさっそうと去っていった。10万円が800円に下がった瞬間であった。「医者と弁護士の友達がいると便利」と言うけど、車に詳しい人もあなどれないね、などと話しながら、僕たち夫婦は、彼の去り行く車にいつまでも手をふっていたのであった・・・。



さて、話は変わって。

夜はHBSで一年先輩のマット(またマットかよ!って話ですが、すみません・・・)の家にお呼ばれして、ディナーを頂いた。なんかサンクスギビング風(七面鳥&ポテト)のディナーだった。彼は経験なモルモン教のクリスチャンであるので、食事前のお祈りを一緒にやった。「神様、この恵みを感謝します・・・Yoたちと一緒に食事をさせて頂いてありがとうございます」みたいなつぶやきに、僕たちも黙祷して合わせた。こんなことするの、幼稚園以来だなあー。僕の幼稚園はキリスト系だったので、そんなことをやっていた気がする。

僕は彼と話をするのが好きである。まず、でかい。彼はJapan Tripでも少し話をした、NBAは断念したがMBAに入ったというへんな人である。2メートル8センチの巨体は親譲りらしい。さらに、彼の親が世界的に有名なクレイトン・クリステンセンという教授、というのもまた面白い。マットはきもいぐらいにクリステンセン先生そっくりである。彼は卒業後ヘッジファンドをはじめ、数百億円を運用しているらしいのだが、そんな彼のオフィスにあふれていたのはドラゴンボールとかガンダムとかのアニメDVDであった・・・(もちろん、ほとんどがビジネスの本だけれど)。ちなみに、ガンダムSEEDもあったが、それは見たことがない。というか、SEEDって結構最近じゃない?

世界的な教授の息子だからというだけで、アタマ良いなんてあるんだろうか。彼はまだ30歳ぐらいだと思うけど、すでに経営コンサルタント、投資銀行、HBSを経て、ヘッジファンドで数百億運用しているということは、やっぱり育てられた環境が常人とは違うのだろうか。でも、厳しく勉強させられていた雰囲気もないし、やっぱり親の姿を見て頑張ったのかなぁー?ものすごく普通の家庭で普通の教育を受けてきた僕としては、どうやったらこんな息子ができるのか不思議である。

僕がいつか親になったら、どういう教育をすればいいのかなぁ、なんて思う、今日この頃である。

3 replies
  1. okusan
    okusan says:

    とりあえず、ドラゴンボールとガンダムSEED見せとけばいいんだと思う!!あとは牛乳飲んでバスケやってればいいんだよ絶対。

    Reply
  2. yokichi
    yokichi says:

    マイミクのにょさんより、情報を頂きました。

    #NAME?

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89

    “ギフテッド (Gifted)は先天的に平均よりも顕著に高い能力を持っていることである。その傾向は誕生時から生涯にかけて見られる。世間的な成功を収めることではなく、学び方の素質や生まれつきの学習能力を持つことを指す。ギフテッドを英才児、優秀児、天才児などと訳すが、日本では「飛び級できるような賢い子」という一面でしか捉えられておらず誤解が生じているため、本項ではギフテッドと称する。”

    ページ下段の、

    “日本にギフテッドが浸透しない理由”
    “氏か育ちか論争(Nature VS Nurture)”

    この二つのキーワードに注目しながら読んでみていただくと、
    「ギフテッドの能力は親から遺伝する」事実を分かっていただけるかと思います。。。

    #NAME?

    まあ、クリステンセン教授ぐらいアタマ良いと、息子にも遺伝してもおかしくはないねえ。やはり僕のような凡人が心配する話じゃないというお話かもしれませんね(涙)

    Reply

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *