とある週末、普通の日記

今日から4連休ということで、今日は一日、勉強をまったくしないと決めて、楽しく過ごした。

奥さんの耳の調子が悪いと言うことで、今日は朝から一緒に耳鼻科のクリニックに行った。おなかがすいたので、クリニック近くのCafe Sushiという日本料理屋を見つけて入ってみた。かつどんと鍋焼きうどんを食べたが、味はまあまあよかった。かつどんは食べきれず、残りを包んでもらった。チップを入れて19ドルをデビットカードで支払い、日本語のフリーペーパーをもらって店を出た。奥さんのアタマの中の様子を見るために、CTスキャンを撮ってくれるイメージセンターに行く。奥さんがスキャンされているちょっとの間、フリーペーパーを見つつ待合室でのんびり。ほどなくして奥さんが戻ってきて、家に向かって出発。日本語のレンタルビデオ屋に行こうかとか、1ドルショップによろうかみたいな話もしたが、結局僕は少し頭が痛かったのでそのまま帰った。Advilという頭痛薬を飲んで、しばらく休んだ。夕飯は奥さんが昨日のクリームシチューをマカロニグラタンにしてくれたのと、野菜なべを出してくれて、おいしく頂く。食後は、インターネットで遊ぶ。最近HBSの友達が始めたソーシャルネットワーキングサービスに僕も加入してみたのだが、日本語を勉強したいといういろいろな国の若者たちから大量にメッセージが届く。「ねぎまって知ってる?」とか、「犬夜叉がすき!」とか、めちゃくちゃ間違った日本語で一生懸命メールくれたりとか、そういう無邪気なメッセージに返事するのはなんか癒される。カナダ人で最近日本に交換留学でいっていた女の子から届いたメール。

「カナダの文化してる?たいて日本人はカナダがさうみいでうす、笑、これだけ。私はオレゴン行ったことがありませんでした。きれいですか?いいね、私は日本に行きましたみんなは私から英語話たかった。大変だった、でもたいてアメリカ人が日本語がぜんぜんわかりませんね?それからたくさんの練習できますね?ロビン。私のまちがいえたはなんですか?」

なんか、野暮な話だけど、こういうコミュニケーションする以外の何も期待されておらず、僕がだれだかなんて興味ない人からメールをもらうと、なんか楽しい。知らない人からメールをもらうときはたいていアドバイスを求められているので答えるのもパワーがいるけど、こういうのはなんか気楽だよね。それで、誰かも知らない人に、わかりやすいように超初歩的な日本語で返事してあげたりして、またがんばって日本語で返事してもらったりするとつい返事しちゃったりして・・・。うーん、ボランティアでいろいろやっていたころを思い出してなつかしい。そういえば、ビジネスの色がまったくないコミュニケーションも、大切にしないとねぇ。

夜は映画を見た。うちの地下室はプロジェクターを使った映画ルームとなっているのだが、そこで「ムービー・ナイト」をするのがうちの夫婦のビッグ・イベント。いつもどおり、おかしやジュースを用意して、映画を壁いっぱいに映し出して楽しんだ。今日見たのは、「ビッグ・フィッシュ」という映画。二人で感動してしまいました。

さあ、そろそろ寝ようっと。特筆すべきようなことはないんだけど、とてもリフレッシュした一日だったので、楽しく書いてみました。さあ、明日は気合いれていくぞ。

2 replies
  1. 後輩
    後輩 says:

    >うちの地下室はプロジェクターを使った映画ルーム

    すごいお家に住んでるんですねぇ…。うらやましい。

    Reply

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply to 後輩 Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *