Lost Baggageのキョーフ!

飛行機に乗るときは手荷物をとても少なくして一切チェックインしないようにしている。それは、航空会社の荷物の扱いをあまり信用していないから。というわけで、今回はLost Baggage(預け入れ荷物の紛失)に気をつけよう、というお話。

——————–(2008年1月6日)——————–

先のヨーロッパ・モロッコの旅行に行った時、最後のボストン行きの便で、飛行機の入り口で「その荷物はチェックインしてくれ」と言われた。「カウンターでは、チェックインしなくていいと言われたぞ」と言っても、聞いてくれない。僕たちは航空会社は荷物をなくすものだと思っているので、なくなってもいいものだけ大きなバッグに移して、あきらめて飛行機に乗り込んだ。で、予想通り荷物は大規模なLost Baggageになり、そのせいで手続きに散々時間がかかって面倒なことになったのだが、まあそれは普通なので別に驚かなかった。気付くと、近くのおばさんが、従業員に手続きの依頼をしている。

おばさん「私の荷物が3つもないの!荷物番号はこれとこれと、これよ!」
従業員「(面倒くさそうに)ああ、合ってるわ。問題ないわね」
おばさん「(キレて)問題ないわけないでしょう!私の荷物が全部ないのよ!すぐ使う予定だったのに!」
従業員「(無視・・・被害者は私だ的態度)」

僕はひそかに思った。“素人め・・・荷物がなくならないと思うほうが、負けだ!”(毒)

——————–(翌日)——————–

僕は旅行から帰った翌日からサンフランシスコに用があって出かけた。軽量のバックはしばらく返ってこないので、今回は仕方がなく、スーツケースを持っていくことにした。今回は預けざるを得ないが、荷物は少ないのでまあいいだろう。

——————–(一週間後)——————–

で、サンフランシスコから帰ってきて、ボストンで荷物を受け取ったが、3万円のスーツケースは壊れて戻ってきた。頑丈なはずのフレームは曲がり、もう閉まらなくなっている。ので中身がべろんと出ており、何がなくなったのかもわからない。きっとレッドソックスの松坂もびっくりの投げ方をされたのだろう・・・。かわいそうに、ヨシヨシ。でもこれもこんなものだろう。面倒だが、修理してもらおう。

——————–(先日)——————–

そして先日、壊れたスーツケースの修理をお願いしに、空港に戻った。修理の手続きをしていると、僕の後ろから超キレたおばさんが割り込んできた。

おばさん「私のペットが届いていない・・・私の犬を返して!!!
従業員「ええ、わかりました。落ち着いてください。」
おばさん「落ち着けるわけないでしょう!!!私の犬はどこなの!!!」
従業員「調べてみましょう。」

これはさすがに、かわいそうだ!!!みなさん、Lost Baggageには気をつけましょう!

(あの犬が生きている事を今も祈るばかりであった・・・。)

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *